ライフ

アメリカ生まれ「防弾コーヒー」の減量効果が話題 認知症リスク減も

「食欲を抑えて脂肪を燃やす」とアメリカで大流行(写真/Getty Images)

「食欲を抑えて脂肪を燃やす」とアメリカで大流行(写真/Getty Images)

【NEWSポストセブンプレミアム記事】

「やせる朝食」といえば何だろう。野菜のスムージー? 食物繊維たっぷりのシリアル? それとも伝統的な和食?──いま注目されているのは、なんと油たっぷりのコーヒーだ。アメリカ生まれの“完全無欠のコーヒー”のダイエット効果とは?

 キリッとした苦みと心地よい香りでスッキリと目が覚める、朝のコーヒー。毎朝の習慣になっているという人も多いだろう。もし、あなたも朝食のときにコーヒーを飲んでいるなら、米シリコンバレーで生まれ、いまや全米で大流行している「防弾コーヒー」を試してみてほしい。

 IT企業・ブレットプルーフ(防弾)CEOのデイヴ・アスプリーさんが考案したこのコーヒーは、「完全無欠コーヒー」とも呼ばれる。1杯のコーヒーに、バターとMCTオイルの2種類の油を加えることで、「食欲を抑制して体重を減らし、脳を目覚めさせて集中力を高めるエネルギー源になる」のだという。

 事実、もともと体重が140kgもあったアスプリーさんは、毎朝このコーヒーを飲むことで、わずか3か月で20kgもの減量に成功。その後も毎日0.5kgずつやせ続け、最終的には50kg以上も落とすことができたという。

 一体、どんな飲み物なのだろうか。

バターが食欲を抑えて認知症リスクも軽減

 そもそも、コーヒー自体が、ダイエット効果が期待できる飲み物だ。管理栄養士の麻生れいみさんが解説する。

「カフェインには、リパーゼという脂肪分解酵素が含まれています。また、コーヒー特有のポリフェノールであるクロロゲン酸はリパーゼの働きを活性化する。“運動の20~30分前にコーヒーを飲むと脂肪が燃焼しやすくなる”というデータもあります」

 そのコーヒーに、良質なバター、またはそれを煮詰めて撹拌してつくられた「ギー」と、MCTオイルまたはココナッツオイルを加えることで、その効果を強化することができるのだ。

「コーヒーに2種類も油を入れて毎朝飲むなんて、太るに決まってる!」と思うかもしれない。しかし、実は防弾コーヒーに使う油は、健康とダイエットの救世主だ。

 徳島大学教授の佐田政隆さんは、バターに含まれる酪酸塩は、腸内の善玉菌を増やし、食べすぎを防ぐ効果があると話す。

 また、酪酸塩は特に体に吸収されるスピードが速い「短鎖脂肪酸」の一種で、脳に直接作用して食欲を抑えるほか、認知機能の低下を防ぐ働きがあることも報告されている。

 防弾コーヒーにおいては、牧草だけを食べて育った牛からとれる「グラスフェッドバター」がおすすめだ。

 抗生物質やホルモン剤などの薬剤を一切投与せず、自然に近い環境で育てているため、安全性も栄養価も高く、βカロテン、ビタミンD、E、Kなどが豊富に含まれている。

「グラスフェッドバターは、通常のバターと比べ、体内の炎症を抑えてがんや脳卒中、認知機能の低下などを抑制するオメガ3脂肪酸が5倍近く含まれているといわれており、中性脂肪やコレステロールの値を下げる効果も期待できます」(麻生さん・以下同)

 近年は、一般的なスーパーでもグラスフェッドバターを購入できるところが増えている。アスプリーさんによると、良質なグラスフェッドバターを材料につくられる「ギー」を使うのもおすすめだという。

関連キーワード

関連記事

トピックス