スポーツ

笹生優花、内村航平、山縣亮太、池江璃花子…輝くアスリートたち

(写真/共同通信社)

全米女子オープンで優勝した笹生優花(写真/共同通信社)

 依然として先が見えない新型コロナウイルスとの闘いだが、東京五輪はいよいよ目前まで迫ってきた。開催がいまだ不透明な中、五輪で活躍が期待される日本人アスリートたちは自身の持つ力を全力で発揮! 好成績と明るい笑顔からパワーと元気をもらおう。

【女子プロゴルフ】笹生優花(19才)

(写真/AFLO)

フィリピンでは笹生優花の切手が作られることが報じられた(写真/AFLO)

 全米女子オープンで初優勝(6月7日)。10代でのメジャータイトル獲得は史上2人目で、最年少タイでの優勝に「信じられない」「夢を見てるみたい」と感激しきり。

【体操】内村航平(32才)

(写真/AFLO)

男子個人の代表枠を見事掴み取った内村航平(写真/AFLO)

 北京(2008年)、ロンドン(2012年)、リオデジャネイロ(2016年)と3大会連続で出場し、ロンドンとリオでは個人総合連覇を果たしたキングが4度目の五輪を決めた(6月 6日)。個人総合から鉄棒に種目を絞り、「ブレトシュナイダー」などの大技を連発。3大会連続の金に期待!

【陸上】山縣亮太(29才)

(写真/AFLO)

この6月に29才になったばかりの山縣亮太(写真/AFLO)

 追い風2mという好条件を生かし、男子100mで日本人4人目となる9秒台を出し日本新記録をマーク(6月 6日)。五輪代表内定のかかる今月の日本選手権に向けて「しっかり気を引き締めて絶対代表権取るぞという強い気持ちを持って臨みたい」と意気込んだ。

【水泳】池江璃花子(20才)

時事通信フォト

白血病を克服し、見事五輪の切符を掴んだ池江璃花子(写真/時事通信社)

 東京五輪前最後の主要大会となるジャパンオープンの100mバタフライで優勝(6月6日)。バラフライは池江選手にとって最も得意としていた種目だが、復帰後は体への負担を考慮し充分なトレーニングができず「自信がなかった」とぽつり。それでも試合後は「バタフライで世界に出て行きたい」と大きな笑顔。

※女性セブン2021年6月24日号

関連キーワード

関連記事

トピックス