• TOP
  • 芸能
  • 鶴瓶、中森明菜、堺正章…『古畑任三郎』第1シリーズの超豪華な犯人たち

芸能

2021.06.13 19:00  女性セブン

鶴瓶、中森明菜、堺正章…『古畑任三郎』第1シリーズの超豪華な犯人たち

田村正和さんの訃報に対し、沈黙を守ってきた女優が…(時事通信フォト)

第1シーズンの放送から27年経っても色あせない『古畑任三郎』(写真/時事通信社)

 スペシャル版も含めて約12年にわたり視聴者を夢中にさせた、倒叙型刑事ドラマ『古畑任三郎』(フジテレビ系)。おっちょこちょいだけど憎めない“古畑に愛された刑事”として作品に欠かせない今泉役を演じた西村まさ彦が、作品について語ってくれた。

「古畑任三郎という刑事は、一切の生活感を見せない、思慮深く、魅力的な刑事でした。長年にわたり皆さんが愛してくださったのは、この作品に携わる人全員が、これまでになかったテレビドラマを視聴者に届けようと、思いをひとつにした、その熱意が届いたのではと思います。

 また演じられるかと問われたら、年老いた今泉は当時と同じように物語に登場することはもうないでしょう」(西村)

 そしてこのドラマの見どころの1つが、毎話登場する豪華ゲスト陣。

「すべてのゲストが与えられた役を、主役に負けず劣らず見事に演じてらっしゃいました」(西村)。

 6月に放送された再放送も好評だった古畑任三郎。まだ「古畑任三郎」という役柄が“未完”でもある第1シリーズを振り返る。

・第1話「死者からの伝言」中森明菜(55才)

(写真/共同通信社)

vs中森明菜(写真/共同通信社)

 恋人である編集長を別荘の地下金庫室に閉じ込め、窒息死させた人気コミック作家。事故死を装う彼女を演じたのは、三谷幸喜も大ファンだった中森明菜。当時明菜の迫真の演技が話題になった。

・第2話「動く死体」堺正章(74才)

vs堺正章

vs堺正章

 歌舞伎役者(堺)が誤って劇場の警備員を殺害。実は、脚本の1作目として書かれた本作。まだキャラクター設定が完成されていない古畑や今泉もみどころ。

関連記事

トピックス