国内

富士山噴火の想定被害 御殿場は2時間で火の海、日本は東西分裂

富士山噴火の被害はどこまで及ぶ?(時事通信フォト)

富士山噴火の被害はどこまで及ぶ?(時事通信フォト)

 今年3月に静岡、山梨、神奈川の3県などでつくる富士山火山防災対策協議会は富士山噴火のハザードマップを改定した。改定では、溶岩の噴出量予測を2倍に引き上げるなど、噴火規模の拡大が想定された。

 過去、山梨側で発生した最も大規模な噴火が、864~866年に起きた貞観噴火だ。山梨県鳴沢村に位置する長尾山から13億平方メートルの溶岩が流れ出したと考えられている。青木ヶ原樹海は、この際の溶岩の上にできた森林地帯である。山梨側から見た富士山は文豪・太宰治や井伏鱒二が愛したことでも知られる。太宰は、富士河口湖町の茶屋に滞在して『富嶽百景』を描いた。

 河口湖をはじめとする富士五湖は現在でも観光地として名高い名所だが、山梨側の側火口から噴火した場合、富士五湖にも溶岩が達し、湖の形が変わる可能性がある。他にも、富士急ハイランドや富士スバルライン、中央自動車道も溶岩に埋め尽くされるかもしれない。火山学の権威で京都大学名誉教授の鎌田浩毅氏はこう話す。

「ハザードマップは、溶岩がさらに遠くまで流れれば、最終的に神奈川県相模原市まで到達する可能性があるとしています」

静岡側と山梨側が同時に噴火する可能性も

 東海道新幹線に乗り、三島駅付近から富士山を眺めると、7合目あたりの山体に大きなヘコミを確認できる。1707年の大噴火で大量の火山灰を噴き出した「宝永火口」である。JR三島駅北口を出て左手にあるバスターミナル付近には、1万1000年前に噴出した三島溶岩(厚さ3mほど)が現在も残っている。これから起こる噴火で、宝永火口をはじめ静岡側から溶岩が噴き出した場合、溶岩が富士市や御殿場市などで東名高速、新東名高速を寸断し、三島駅付近などで東海道新幹線の線路を飲み込む可能性がある。

「噴火後は広範囲にわたって火山灰が降り積もり、飛行機などの空路での移動は不可能になります。さらに新幹線と高速道路という“東西の大動脈”が完全に断たれてしまう」(鎌田氏)

 溶岩は噴火から2時間以内に御殿場市、富士市、富士宮市を襲い、最大で駿河湾まで流れる可能性もある。

製図/タナカデザイン

※週刊ポスト2021年6月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン