• TOP
  • ライフ
  • コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」

ライフ

2021.06.14 19:00  NEWSポストセブン

コロナ後遺症でEDの可能性 感染した男優は「引退も考える状況」

回復から1年近く経ったいまも「身体的衰えを感じる」という

回復から1年近く経ったいまも「身体的衰えを感じる」という

 倦怠感、頭痛、息切れ、味覚・嗅覚障害に脱毛――。新型コロナウイルスに感染すると様々な後遺症のリスクがあることが分かってきたが、研究が進む海外では「男性特有」の後遺症の可能性が指摘され話題になっている。

 イタリア・ローマ大学の研究者らが「コロナになるとED(勃起障害)を引き起こす可能性がある」という研究データを医学誌『ANDROLOGY』誌(オンライン版3月20日号)に掲載したのだ。

 発表によると、健全な性欲を持つ状態のイタリア人男性985人から、コロナ感染歴のある25人と感染歴のない75人を抽出し調査した結果、コロナ感染歴がある人のED有病率は28%と高いことが判明した(感染歴がない人は同約9%)。

 国際医療福祉大学病院内科学予防医学センター教授の一石英一郎医師が解説する。

「コロナによりEDを発症する要因はいくつも推測できます。まず、感染で生じた血栓が陰茎への血流を低下させEDとなる可能性です。発熱によるテストステロン(性機能を保つ男性ホルモン)分泌量の減少もEDの要因となり得ます」

 さらにイタリアでは、冒頭の研究チームの発表内容に「欠けている概念がある」とする研究論文も出された。コロナの特徴的な症状として知られる「味覚・嗅覚障害」の影響を指摘するものだ。

 イタリア内分泌学会の研究チームは論文で、〈嗅覚は動物界で最も使われている感覚であり「男性の性的魅力」〉と報告。さらに、〈味覚は、親密な関係をよりよく味わうための感覚〉〈キスでのやりとりは味蕾を刺激し、脳に刺激的なメッセージを送る〉とし、味覚・嗅覚障害が性欲低下につながることを問題視している。

 ED治療を行なうマイシティクリニック院長の平澤精一医師が語る。

「亜鉛が不足すると味覚・嗅覚障害を引き起こしますが、同時に亜鉛は性に関連が深いミネラルとして性機能や精子数の維持に関わっています。新型コロナと亜鉛欠乏症による味覚・嗅覚障害、EDの関連性は否定できない」

 新型コロナに感染した40代のセクシービデオ俳優の男性が、現在の赤裸々な状況を明かす。

「コロナには昨年8月に感染しました。私は無症状で、熱も咳も倦怠感もありませんでした。ただ味覚と嗅覚がなくなってしまい、それには少なからずショックを受けました。ですが、それ以上に困ったのが回復後です。

 撮影現場では明らかな身体的衰えを感じ、自分の思い通りにならない。今でも悩まされています。このローマ大学の論文のことは最近まで知りませんでしたが、コロナの影響を薄々感じていました。少しでも状況を改善させようと亜鉛サプリを飲むようにしましたが、その効果を実感できるまでには至っていません。コロナ感染前までは考えもしなかった男優引退も、多少は考えるようになりました。この状況を治す術があるなら、とにかく一刻も早く知りたいです」

 男性にとっては、背筋が寒くなる話かもしれない。

関連記事

トピックス