スポーツ

五輪出場権獲得の大坂なおみ 「夢の舞台」と語っていたのになぜ沈黙?

大坂選手にとって五輪は夢だった

大坂選手にとって五輪は夢だった

 喜びを爆発させてもいいはずなのに、なぜか彼女は沈黙を貫いている。女子テニス協会は6月14日、最新の世界ランキングを発表。2位の大坂なおみ選手(23才)は、56位圏内に与えられる「東京五輪の出場権」を獲得した。

「大坂選手にとって五輪は夢の舞台です。まだ無名だった10代の頃から“五輪に出たい”と明言していました」(スポーツライターの山口奈緒美さん)

 ところが、大坂選手がよく情報発信しているツイッターやインスタグラムでも五輪に関する発言はない。出場権は得たものの、7月5日までに出場の意思表示がなければ、出場は叶わないルールだ。

「ウィンブルドンを5回、全仏を6回も制覇したスウェーデンの名プレーヤー、B・ボルグ選手は、1983年、“燃え尽き症候群”で26才の若さで突然引退しました。テニス界ではいま、うつ病を公表した大坂選手もそのまま引退してしまわないかと心配されています」(テニス協会関係者)

 大坂選手が全仏オープンの記者会見を拒否したのは5月30日。その理由について「何度も同じ質問をされる」「疑念を抱かせるような質問をされる」と訴えた。大坂選手をよく知る関係者が語る。

「彼女が苦痛に思っていたのは、東京五輪について繰り返し聞かれることでした。まるでコロナ禍で五輪を“強行”することが、日本人の彼女のせいかのような言い方もあり、相当なプレッシャーになっていたようです」

「正直なところ私にはわかりません」

 たとえば、今年2月、全豪オープン優勝翌日の会見。大坂選手は五輪開催について聞かれ、こう答えている。

「私にとって初めてのオリンピックであり、東京は夢のような場所です。でも……私はあまり深く考えたくありません。なぜなら、分析しすぎて、自分にストレスをかけてしまう気がするからです」

 同様の話を何度も繰り返ししているにもかかわらず、大坂選手が会見を開けば必ずといっていいほど東京五輪について聞かれた。5月に入ると、欧米メディアを中心に「開催は中止すべきだ」という論調が盛り上がる。5月10日、英BBCインタビューで「開催は適切か」と問われると、大坂選手はこう嘆いた。

「正直なところ、私にははっきりわかりません」

 大坂選手だけではない。スペインの男子トップ選手のラファエル・ナダル選手は「はっきりとした答えはない。自分ではわからない」(5月11日)と語り、セルビアのノバク・ジョコビッチ選手は出場するかどうか聞かれると「出るべきかどうか、自分に問いただしている。もし会場に観客が入るなら出る」(5月27日)と話して、無観客だった場合の「辞退」を匂わせた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン