国内

【動画】がんステージIVのママ「みんなのために生きなきゃ」の思い

 21歳でステージIVのがんが発覚した青森県出身の遠藤和さん。23歳で出産し、もうすぐ1歳になる娘を育てる彼女は、5月末に「余命は数週間程度」と宣告を受けました。

 セカンドオピニオンで別の治療法を模索しているという遠藤さん。

 遠藤さんは「正直言うと、治療はしんどい思いをしなきゃいけないので心が折れそうになることもあります。だけど、みんなのために生きなきゃって思います。そのためにも、延命じゃなくて治すための治療がしたいです」と語っています。
【↑ 上の写真クリックで動画へ】

関連記事

トピックス