• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん 眞子さまと結婚なら警備費は5年間で「3億6000万円」

国内

2021.06.21 07:00  週刊ポスト

小室圭さん 眞子さまと結婚なら警備費は5年間で「3億6000万円」

眞子さまと結婚なら、警備にも税金が(写真/共同通信社)

眞子さまと結婚なら、警備にも税金が(写真/共同通信社)

 眞子内親王と小室圭氏の結婚の行方は、いまだ見通せないままだが、結婚が実現すれば、一体どれだけの“税金”がかかるのだろうか──。小室氏にかかる費用で、最も大きなものが「警備費」だ。すでに小室氏には巨額の警備費が投じられてきた。

 2017年9月の婚約内定会見の前後から、アメリカに留学する2018年8月までの1年間、小室氏はチーム体制で警備を受けていた。

 小室氏の自宅マンション前にはポリスボックスが建てられ、付近には警察官が常時待機。SPたちのために近くのアパートに“待機部屋”も借りられていたという報道もあった。

 その費用について、『週刊女性』(5月25日号)は、宮内庁関係者のこんな解説を紹介している。

〈小室さんが日本にいた際は、20人ほどの警備チームが組まれていました。1人あたりの人件費が月30万円だとすれば、月々の警備費は600万円〉

 これが事実なら、1年間で7200万円かかった計算だ。眞子内親王との新婚生活が始まれば、これと同等か、それ以上の警備体制が敷かれることは必至だ。

「黒田清子さん夫妻を例にとると、結婚から5年間ほどは夫妻が仕事に出かけたり、スーパーに行くときにも護衛が同行していました。

 世間の注目を浴びてしまった小室さんと眞子さまの場合、さらに厳重で長期間の警備になると予想されます。小室さんの留学前と同様の警備だとしても年間7200万円。5年間で3億6000万円となる。眞子さまの家族の安全のためには省けない費用です」(宮内庁担当記者)

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連記事

トピックス