芸能

共演女優が語る、佐藤二朗の魅力「傷の痛みを知っている優しい鬼」

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

その奇才ぶりは業界随一(AFP=時事)

 6月12日から放送開始したテレビドラマ『ひきこもり先生』(NHK総合)で主演を務めるほか、自身が原作・脚本・監督を務めた6月4日公開の映画『はるヲうるひと』も話題を呼んでいる才人・佐藤二朗(52)。その魅力について、同映画に出演している女優・笹野鈴々音(ささの・りりね)が語った。

 広告代理店に勤務していた1996年に劇団「ちからわざ」を立ち上げ、本格的な演劇活動をスタートさせた佐藤二朗。2000年代に入るとテレビや映画で活躍の場を広げ、コミカルな役柄からシリアスな役柄まで演じ分ける実力派として世間に知られるようになっていった。

 すでに人気バイプレイヤーとしての地位を確立していた2008年には、連続ドラマ『拝啓トリュフォー様』(テレビ朝日系)でフリーのドラマ監督役で初の地上波主演の座を獲得。同年には初監督作品であり自身が脚本・主演を務めた映画『memo』も公開され、湯布院映画祭で特別上映作品として招待されるなど話題を呼んだ。

 そんな佐藤二朗が監督を務めた2作目の映画が『はるヲうるひと』だ。劇団「ちからわざ」による2009年の舞台作品を原作とした映画で、架空の島の売春宿で生きる男女の姿とささやかな幸福をサスペンス風のタッチで描く。主演を務めるのは俳優の山田孝之で、主人公の腹違いの兄役で佐藤二朗も出演する。

 同映画に出演し、原作となった劇団「ちからわざ」の公演にも出演した女優の笹野鈴々音は、佐藤二朗の魅力についてユーモアを交えながらこのように語る。

関連キーワード

関連記事

トピックス