• TOP
  • ライフ
  • 釣り系YouTuberマルコスに密着「自信あんねん」ナマズと6時間格闘

ライフ

2021.06.23 11:00  週刊ポスト

釣り系YouTuberマルコスに密着「自信あんねん」ナマズと6時間格闘

密着取材中に50センチ超のナマズを釣り上げたマルコス

密着取材中に50センチ超のナマズを釣り上げたマルコス

 空前の釣りブームと言われる2021年、SNSの存在抜きに、そのブームは語れない。インスタグラムで「#釣りガール」と検索すると42万件の投稿がヒット。釣りをする女性のためのコミュニティサイト「釣りガール」には4万人を超えるユーザーが集まっている。そしてもちろんYouTubeにも人気“釣り系ユーチューバー”がいる。なかでも今、大注目なのがマルコスだ。

 2019年にブラジルで開催された「グレートアマゾンワールドフィッシングラリー」に日本代表の一人として出場すると、見事初代アマゾンクイーンに輝く活躍ぶり。メディア出演も多く、天真爛漫なキャラクターが楽しいYouTubeは登録者数40万人を超える人気となっている。そんなマルコスの動画撮影に密着した。

「怪魚ハンター」を名乗るマルコスは海外に遠征することも多いが、コロナ禍で昨年から釣り場は国内。それでも怪魚ハンターだけあって、ナマズやライギョ、ティラピアなどの大物を追うことが多い。この日は奈良県内の水路でナマズを狙った。

「自信あんねん。めっちゃ早く終わったらどうしよ」などと言いながら水路を物色するマルコス。しかし前日に降った大雨のせいで水の流れが普段より速く、なかなかヒットしない。たまにアタリが来るも、惜しいところでバレてしまう。それでも本人は「ナマズ釣りの魅力は、トップ(水面や浅い水中での釣り)で捕食シーンが見られるところ。あと、あいつら下手くそやから1回食いついてもダメで追い食いしてきたりする。そういうのもおもしろい」と楽しそうだ。

 用水路のような身近な場所で釣りをしていると、通りがかった人に声をかけられることもしばしば。大阪出身のマルコスは奈良でも有名人で、皆気軽に「今日は何狙ってるの?」と話しかけてくる。そんな人たちと釣り場などの情報交換をするのもマルコススタイルだ。中にはSNSで目撃情報を知り、わざわざ探して会いに来た人もいた。

 何度かポイントを変えつつ粘っていたそのとき、とうとう大きなアタリが! 今度はうまく引き上げ、50センチ超のナマズをゲット。「やりました!」と最高の笑顔をみせてくれた。

撮影/内海裕之

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連記事

トピックス