ライフ

釣り系YouTuberマルコスに密着「自信あんねん」ナマズと6時間格闘

密着取材中に50センチ超のナマズを釣り上げたマルコス

密着取材中に50センチ超のナマズを釣り上げたマルコス

 空前の釣りブームと言われる2021年、SNSの存在抜きに、そのブームは語れない。インスタグラムで「#釣りガール」と検索すると42万件の投稿がヒット。釣りをする女性のためのコミュニティサイト「釣りガール」には4万人を超えるユーザーが集まっている。そしてもちろんYouTubeにも人気“釣り系ユーチューバー”がいる。なかでも今、大注目なのがマルコスだ。

 2019年にブラジルで開催された「グレートアマゾンワールドフィッシングラリー」に日本代表の一人として出場すると、見事初代アマゾンクイーンに輝く活躍ぶり。メディア出演も多く、天真爛漫なキャラクターが楽しいYouTubeは登録者数40万人を超える人気となっている。そんなマルコスの動画撮影に密着した。

「怪魚ハンター」を名乗るマルコスは海外に遠征することも多いが、コロナ禍で昨年から釣り場は国内。それでも怪魚ハンターだけあって、ナマズやライギョ、ティラピアなどの大物を追うことが多い。この日は奈良県内の水路でナマズを狙った。

「自信あんねん。めっちゃ早く終わったらどうしよ」などと言いながら水路を物色するマルコス。しかし前日に降った大雨のせいで水の流れが普段より速く、なかなかヒットしない。たまにアタリが来るも、惜しいところでバレてしまう。それでも本人は「ナマズ釣りの魅力は、トップ(水面や浅い水中での釣り)で捕食シーンが見られるところ。あと、あいつら下手くそやから1回食いついてもダメで追い食いしてきたりする。そういうのもおもしろい」と楽しそうだ。

 用水路のような身近な場所で釣りをしていると、通りがかった人に声をかけられることもしばしば。大阪出身のマルコスは奈良でも有名人で、皆気軽に「今日は何狙ってるの?」と話しかけてくる。そんな人たちと釣り場などの情報交換をするのもマルコススタイルだ。中にはSNSで目撃情報を知り、わざわざ探して会いに来た人もいた。

 何度かポイントを変えつつ粘っていたそのとき、とうとう大きなアタリが! 今度はうまく引き上げ、50センチ超のナマズをゲット。「やりました!」と最高の笑顔をみせてくれた。

撮影/内海裕之

※週刊ポスト2021年7月2日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚を電撃発表した大谷(時事通信)
《パーカー紐の蝶々結び》大谷翔平と「結婚相手の有力候補年下女性」を結ぶ“匂わせサイン”SNSでは「お揃いのオーダーメイドシューズ」が話題
NEWSポストセブン
78歳になったタモリ(時事通信フォト)
【『ブラタモリ』終了】なぎら健壱が紐解くタモリの“セッション”「相手が上手いと、こっちも上手くなった気になれる」
NEWSポストセブン
ドラマ『蜜と毒』でドロドロの不倫関係に堕ちていく人妻を熱演している女優・入来茉里
ドロドロ不倫&体当たりの男女シーン披露の入来茉里、初主演ドラマ撮影中に見せた女優魂 波瀾万丈の私生活も女優の糧に
NEWSポストセブン
電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
「オレは頑張っている姿を見るのが好きなんだよ」と語るジャンボ尾崎(撮影/太田真三)
【後進の育成に心血を注ぐジャンボ尾崎】門下生のために自ら練習場の芝を整備、練習器具を手作り 教えないで「気づかせる」指導法
週刊ポスト
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン