• TOP
  • 国内
  • 歌舞伎町人気キャバ嬢「ツイキャス殺人未遂事件」13才サバ読みもバレた

国内

2021.06.26 12:00  NEWSポストセブン

歌舞伎町人気キャバ嬢「ツイキャス殺人未遂事件」13才サバ読みもバレた

歌舞伎町でも人気のキャバクラ店に勤めていた新井容疑者

歌舞伎町でも人気のキャバクラ店に勤めていた荒井容疑者(本人のTwitterより)

「殺さないと!殺さないと……幸せになれない!」──女性が金切り声を上げ、警察に連行されていく。6月25日未明、男女関係を巡るトラブルが殺人未遂に発展。その音声が生中継されるという事件が起こった。友人A子さんの交際相手・Bさん(31才)の背中を包丁で切り付け、軽傷を負わせたとして、警視庁新宿署に殺人未遂容疑で逮捕されたのは、職業不詳の荒井奈津子容疑者(34才)だった。 

「荒井容疑者は歌舞伎町で働く人気キャバクラ嬢で、A子さんとはいわゆる“夜の街の友達”。A子さんと交際していた男性・Bさんに浮気疑惑が浮上すると、自分が2人を引き合わせた経緯もあるため、友人のために一肌脱ごうと思ったのか、荒井容疑者が自宅を提供し、2人の話し合いの場をセッティングした」(捜査関係者) 

 ここまでなら、友達思いのいい友人と言えたのだろうが、煮え切らない態度を取るBさんに対し、なぜかA子さんよりも荒井容疑者がヒートアップしていったのである。 

「どういう経緯か分からないが、A子さんはこの修羅場をツイキャスで生配信していた。Bさんに対し、“ぶっ殺してやる!”と襲いかかる荒井容疑者の言動が全国、いや全世界に配信されてしまった」(前出・捜査関係者) 

 音声は浮気を追及するA子さんと荒井容疑者、それに対し、浮気を否定したり、A子さんへの思いを伝えるBさんという構図で進むのだが、荒井容疑者の攻撃性が随所に出ており、あまりに衝撃的な内容といえる。 

「A子さんの気持ちを背負い込んだのか、荒井容疑者は『お前刺されろよ、刺していい?』など執拗にBさんに対して包丁と思しきもので刺そうとしていたことが伺える。荒井容疑者は、キャバクラで天癒いちご(あまい・いちご)という源氏名で働いており、友人からはこの名前で呼ばれていた。そのため、音声ではA子さんからもBさんからも『いちご』と連呼されていて、緊張感のあるやり取りの中で『いちご、やめて!』などの叫び声が入り、不思議な感覚になります」(前出・捜査関係者) 

 音声によれば、話し合いの途中、A子さんがベランダに向かったことで事態が急変。後を追ったBさんに怒り心頭の荒井容疑者が、包丁で彼の背中を刺したのだ。その後、彼がA子さんと共にベランダに籠城。何度も「ぶっ殺してやる!」と叫ぶ、荒井容疑者から逃れようとするスリリングな状況が、音だけで聞こえてくる。 

関連記事

トピックス