芸能

佐々木希が4億円新居を“単独”で購入! 夫婦関係の変化を指摘する声も

自身が手掛ける『アンティミテ』のワンピース姿で新居から出てきた佐々木

自身が手掛ける『アンティミテ』のワンピース姿で新居から出てきた佐々木

 世間を騒がせた不倫騒動から1年――アンジャッシュ渡部建(48才)、佐々木希(33才)夫妻に新たな動きがあった。

「実は今年の3月、佐々木さんは約4億円のマンションを現金で一括購入しているんです。これまで住んでいたマンションは渡部さんとの共同名義で2017年に購入したのですが、今回は佐々木さんの個人会社の“単独”名義で買っているんです」(佐々木の知人)

 渡部の不倫が報じられたのは昨年6月ことだった。報道後、渡部はすべてのレギュラー番組を降板し、芸能活動を自粛した。スポンサーなどへの違約金は1億円超えともいわれているが、その支払いもすんだとされる。だが、芸能界復帰のメドは立っていない。

「昨年末、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ系)の大晦日特番での復帰が予定されていました。ですが、正式発表の前に情報が漏れてしまい、『会見も開いていないのに』とまたバッシングを浴びることになってしまった。大慌てで会見を開いたものの、煮え切らない発言を連発したことで火に油を注ぐ形になってしまいました」(芸能関係者)

 今年に入ると、東京・豊洲市場の仲卸業者で無報酬で働いていることが報じられたが、野次馬などが集まり市場を混乱させてしまい、働けなくなってしまった。

 騒動後は収入がなくなった渡部に代わり、佐々木が家計を支えている。

 そんな中、佐々木のある発言が関係者をザワつかせている。現在公開中の映画『リカ~自称28歳の純愛モンスター~』の宣伝で、6月16日に『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTR出演したときのことだ。

「インタビューで『いまいちばん必要なもの』を聞かれた佐々木さんは『仕事』『お金』と言い切り、『愛とは?』という質問には、『息子』と即答しました。夫の渡部さんには一言も触れなかった。当然と言えば当然ですが、その吹っ切れたような様子に、夫婦関係の変化を指摘する声が上がっています」(前出・芸能関係者)

 離婚危機を乗り越えたはずの2人にいったい何があったのか? 7月1日発売の『女性セブン』は、佐々木がマンションを“単独”名義で購入した理由、夫婦関係の変化などについて2人の近影とともに詳報している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
伊勢ヶ濱部屋に転籍した元白鵬の宮城野親方
元・白鵬の宮城野部屋を伊勢ヶ濱部屋が“吸収”で何が起きる? 二子山部屋の元おかみ・藤田紀子さんが語る「ちゃんこ」「力士が寝る場所」の意外な変化
NEWSポストセブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン