スポーツ

大谷翔平の愛されキャラをつくった両親の教育とホットプレートでのご飯

大谷家の教育とは?(左から大谷翔平と父・徹さん/時事通信フォト)

大谷家の教育とは?(左から大谷翔平と父・徹さん/時事通信フォト)

 投打にわたる活躍は言うに及ばず、「ナイスガイ」というしかないエピソードの数々でもファンを虜にしているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(26)。礼儀正しさと実力を両立させた「愛されキャラ」はどう形づくられたのか。

 プロアスリートは、その圧倒的な才能ゆえに10代の頃からチヤホヤされがちだ。中には増長して“お山の大将”のようになってしまう選手もいる。なぜ大谷からはそれを感じないのだろう。

「恵まれた体格や身体能力は天性のものですが、それだけでは大谷選手は語れない。あの礼儀正しさと親しみやすさは、彼を見守ってきた両親の教育の影響が大きい」

 そう語るのは、『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』(扶桑社刊)の著者でスポーツジャーナリストの佐々木亨氏だ。

 岩手出身の佐々木氏は、同郷の大谷が花巻東高校に入学した15歳の頃から大谷本人だけでなく、両親にも教育方針などについて数多く取材を行なってきた。

 大谷の父・徹さんは三菱重工横浜で社会人野球のプレーヤーだった。母・加代子さんは、同じく三菱重工横浜のバドミントン選手。大谷には7つ上の兄と2つ違いの姉がおり、3人きょうだいの末っ子として育った。

 両親は大谷が野球にのびのび取り組める環境を求め、徹さんの故郷である岩手にUターン。徹さんは大谷が所属するリトルリーグの監督も務めた。

 そう聞くと、『巨人の星』のようなスパルタの父子鷹を想像するが、大谷家の教育方針はまるで逆。グラウンドでは厳しく接しても、家庭内には野球を持ち込まないようにしていたという。佐々木氏が言う。

「ご両親とも家庭内で大谷選手を叱ることはほとんどなく、重視したのは子供が安らげる空間を作ることでした。両親の唯一の決めごとは『子供の前で夫婦げんかはしない』だったそうです。その居心地のよさからか、大谷選手が子供部屋を使うことはほとんどなかった。勉強するのもテレビを観るのも、家での時間はずっと家族とリビングで過ごしました。

 母・加代子さんは『翔平はいつもソファにいて、寝転んでボールを天井にぶつけないように投げて捕っていた』と話していましたね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
フィリピンのマニラ首都圏にあるビクタン収容所(AFP=時事)
【ルフィ強盗事件】賄賂が横行するフィリピン 入管も警察も金次第でどうにでもなる実態
NEWSポストセブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
中居
完全復帰の中居正広が支持される理由 素晴らしい人柄とプロデュース力
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン