国内

眞子さまとの私的なやり取り“暴露” その重大さ理解せぬ小室佳代さん

佳代さん

佳代さんの「告白」が波紋を呼んでいる

 ご結婚問題に揺れる秋篠宮家長女の眞子さま。その婚約内定者である小室圭さんの母・佳代さんの「告白」が、6月22日発売の『週刊文春WOMAN』に掲載された。《小室佳代さん「密着取材」一年》と題された同記事では、子育てのこと、報道に対する心境などが佳代さんの肉声で綴られた。なかには、「息子は全部自分で決めてやるタイプなんです。中学でインターナショナルスクールに進学することも自分で決めました」と、小室さんについて語る部分もあった。しかし、宮内庁関係者は困惑を隠さない。

「この期に及んで、まだ“他人事”の姿勢は疑問です。息子の結婚を先送りにした金銭トラブルの当事者という自覚が薄いのかもしれません。佳代さんの『告白』には、自分の主張を長々と連ねた小室圭さんの文書に近いものを感じました。

“お騒がせしてすみません”の一言がないんです。徹底して自分の非を認めない。それどころか、自分がいかに大変な思いをしたかを強く主張する。これを読んだ国民がどう思うのか、それが心配です」

 皇室ジャーナリストも、こう語る。

「2017年に金銭トラブルが報じられて以降、佳代さんがここまで詳細にメディアに答えたことはなかったでしょう。それだけに貴重な肉声ではありますが、一方で金銭トラブルの解消の進捗状況や、小室さんの結婚の進捗については口をつぐんだままでした」(皇室ジャーナリスト)

 小室家側が4月、佳代さんの元婚約者Aさんに渡す意向を示した「解決金」の交渉はどうなったのか、明かされるべき情報は伏せられたままだ。一方で、明かされるべきでない情報は大いに語られていた。前出の宮内庁関係者は不信感を隠さない。

「眞子さまとのプライベートなやり取りが明らかにされました。“暴露された”と言ってもいいでしょう。本来ならば、皇族ご本人の口以外からは許可なしに語られてはいけない内容なのです。

 もし眞子さまが小室家に嫁がれることがあれば、佳代さんはさらに皇室のプライベートを知りうる立場になります。それなのに、皇族方との私的なやり取りを公にすることの重大さを理解していないのは、本当に恐ろしいことです」

 佳代さんは眞子さまに会った中で、「私は完璧な母ではない」「ちゃんと息子を育てあげていない」と伝えたという。そして眞子さまは、その気持ちを受け入れられたと、佳代さんは明かした。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン