スポーツ

大谷翔平、驚異のシーズン前半!「豪快アーチ連発」を一気に振り返る

「彼はクレイジーだよ」──。そう同僚に言わしめた大谷翔平選手の快進撃が止まらない! 現地時間の6月28日には、今シーズンチーム78試合目に26号ホームランを放ち、勝利に貢献。これは球団史上最速記録となる。さらに、翌29日には1試合2歩本のホームランを打ったのだ。

「毎試合ホームランは打ちたいと思っているので、複数本出る試合もあれば連続で出る試合もある」と本人が話すように、毎試合のようにスタンドに豪快なアーチを叩き込み現地ファンを圧巻。日本人として初めて出場する『ホームランダービー』(7月12日、現地時間)への出場も決定した。

 今シーズンももうすぐ折り返し、天井知らずの記録を打ち立てるであろう大谷選手から目が離せない! シーズン前半、豪快アーチを放った日付と対戦チームなどを振り返る。

■1号 4月2日 ホワイトソックス戦
■2号 4月4日 ホワイトソックス戦
■3号 4月9日 ブルージェイズ戦
■4号 4月13日 ロイヤルズ戦

■5号 4月21日 レンジャーズ戦 プロ9年目で日米通算100本塁打となるソロを放った。

4月21日 レンジャーズ戦

4月21日 レンジャーズ戦(写真/共同通信社)

■6号 4月24日 アストロズ戦
■7号 4月25日 アストロズ戦
■8号 4月30日 マリナーズ戦
■9号 5月3日 レイズ戦
■10号 5月6日 レイズ戦
■11号 5月14日 レッドソックス戦
■12号 5月16日 レッドソックス戦
■13号 5月17日 インディアンス戦
■14号 5月18日 インディアンス戦
■15号 5月25日 レンジャーズ戦

5月25日 レンジャーズ戦(Getty Images)

5月25日 レンジャーズ戦(写真/Getty Images)

■16号 6月5日 マリナーズ戦 1回第1打席の初球、花巻東高校の先輩・菊池雄星投手(30)の直球をフェンス越え。菊池投手からの本塁打は2年ぶり2本目となる。

6月5日 マリナーズ戦(Getty Images)

6月5日 マリナーズ戦(写真/Getty Images)

■17号 6月8日 ロイヤルズ戦 飛距離143mのメジャー自己最長弾となる特大ホームランに、実況も大興奮。

6月8日 ロイヤルズ戦(Getty Images)

6月8日 ロイヤルズ戦(写真/Getty Images)

■18号 6月15日 アスレチックス戦

6月15日 アスレチックス戦(アフロ)

6月15日 アスレチックス戦(写真/アフロ)

■19号 6月16日 アスレチックス戦

■20号 6月18日 タイガース戦 シーズン打者出場65試合目で20本塁打達成は、松井秀喜を上回る日本人メジャー最速記録。

■21号 6月18日 タイガース戦 1試合に2発の本塁打に、球場全体からMVPコールが沸き起こった。

■22号 6月19日 タイガース戦
■23号 6月20日 タイガース戦

■24号 6月25日 レイズ戦 1回第1打席の先頭打者弾を放ち、ベンチでは仲間から抱きつかれる一幕やピースサインを見せるお茶目な一面も。

■25号 6月27日 レイズ戦 規格外のアーチをスタンドに放り込んだ無双状態の大谷選手に敵なし!

■26号 6月28日 ヤンキース戦 見事な名刺代わりになった敵地初安打は、豪快なソロホームラン。6月は11本目の本塁打となり自身の月間最多記録を更新した。

(写真/Getty Images)

6月28日 ヤンキース戦(写真/Getty Images)

■27号 6月29日 ヤンキース戦
■28号 6月29日 ヤンキース戦

※女性セブン2021年7月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン