スポーツ

阪神に朗報? 日本シリーズ「関西対決」と東京五輪の奇しき因縁

在阪マスコミは「阪神一色」だが(撮影/杉原照夫)

在阪マスコミは「阪神一色」だが(撮影/杉原照夫)

 前回の東京オリンピックが開催された1964年は、プロ野球界で「初めて」が多く生まれた年でもあった。巨人の王貞治がシーズン55本塁打の日本記録を作り、その打ちまくる王を抑えるため、広島が初めて「王シフト」を敷いたのもこの年だった。

 そして、日本シリーズはセ・リーグを制した阪神タイガースと、パ・リーグを制した南海ホークスの戦いになった。関西の球団同士の日本シリーズも史上初のことだった。しかも、シーズン終盤に台風が直撃するなど天候に恵まれず、阪神が優勝を決めたのは、本来なら日本シリーズの第2戦が予定されていた9月30日までずれ込んだ。その翌日の10月1日から慌てて日本シリーズが行なわれたのは、もちろん東京オリンピックがあったためだ。

 かつて体育の日だった10月10日は、その東京オリンピックの開幕日を記念したものだ。若い読者はこの日付を知らないかもしれないが、1999年までは「体育の日」として国民に親しまれ、多くの小中学校では運動会・体育祭が行なわれた。その後、体育の日は10月第2月曜日に変更され、2020年からは「スポーツの日」と名前が変わった。また、昨年と今年はオリンピックの開会式予定日に合わせて7月24日、7月23日に移動されている。

 話を戻すと、日本シリーズはホーム&アウェイ&ホームで2連戦(移動日)3連戦(移動日)2連戦を行なうため、最終戦までもつれれば9日間かかる。1964年に阪神が優勝を決めた翌日から日本シリーズを強行したのは、ぎりぎり10月10日のオリンピック開幕前にプロ野球を閉幕するためだった。

 ところが、その思惑も外れることになる。シリーズは初戦から順に南海、阪神、阪神、南海、阪神が勝つ一進一退の展開で拮抗し、なんと第6戦は雨で順延。その試合を南海が勝って3勝3敗としたところで、10月10日を迎えてしまったのである。いくらなんでもオリンピックの開会式と日本シリーズの最終決戦を同時にやることは憚られたため、第7戦は開会式が終わったあと、ナイターで行なわれることになった。これは初めて日本シリーズがナイターで行なわれた記録でもある。

 さて、2度目の東京オリンピックが予定されている今年は、奇しくもそれ以来の「関西ダービー」の日本シリーズが実現する可能性がある。6月を終えてセ・リーグの首位は阪神、パ・リーグはオリックスである。『週刊ポスト』(7月5日発売号)では、早くも関西対決で盛り上がる両チームのOBやファンの熱狂を特集している。評論家らの評価では、人気の阪神vs実力のオリックスという見方が多いようだが、戦力分析は本誌に譲り、ここでは「人気の阪神」を示す在阪スポーツ紙の“えこひいき”ぶりを紹介する。

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
高橋治之元理事と森喜朗氏の関係は…(写真/共同通信社)
「五輪汚職」で逮捕の高橋治之元理事と“安部派の後見人”森喜朗氏の知られざる蜜月
週刊ポスト
大野が進める計画とは(写真はジャニーズ事務所)
嵐、2023年以降に大きな動きも? 大野智の意向を尊重しつつあらゆる可能性を模索か
女性セブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
ダウンタウン6年ぶりの日テレ新特番となった『ダウンタウンvsZ世代』(公式サイトより)
特番『ダウンタウンvsZ世代』高視聴率に業界が注目するワケ テレビ離れ阻止のヒントも
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
かつての旧統一教会系の学生団体「UNITE」のデモ(撮影/西谷格氏)
東大生の旧統一教会2世信者が語っていた「検討した結果、家庭連合は間違っていないと確信」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
「週刊ポスト」本日発売! 「安倍国葬」の責任者が乱交パーティほか
NEWSポストセブン