• TOP
  • 芸能
  • ラーメン界の女王、「元アイドル」の肩書で中傷の過去を乗り越えて

芸能

2021.07.05 16:00  NEWSポストセブン

ラーメン界の女王、「元アイドル」の肩書で中傷の過去を乗り越えて

すでに3店舗を経営している(提供写真)

ラーメン店経営で、元バイトAKBの梅澤愛優香さん(提供写真)

 ラーメンは1杯1000円を超えると高い——。客側のその価値観は根強く、ラーメン業界において客単価アップは長年の難題だった。近年、高級路線で勝負する店がちらほら出てきたものの、成功するのは一握りだ。

 そんな中、いま注目を集めているのが、昨年8月に北鎌倉(神奈川県)にてグランドオープンした「沙羅善」だ。同店では、「濃厚豚骨魚介つけ麺」並が1200円。そこに「コーチン軟骨つくね」(250円)などのトッピングや「トリュフ香る卵かけごはん」(600円)などのサイドメニューを加えていくと、会計は1人2000円ほどになる。ラーメンとしては高価だが、料理の説明などの口上や、手作りのぶどうジュースとおぼろ豆腐の付き出しなど、まるで高級料亭のように落ち着いた空間と接客を堪能することができる。店の予約は受付がスタートするなり即完売する盛況ぶりだ(前日完全予約制)。

「沙羅善」の店主を務める梅澤愛優香さん(24)は、かつてAKB48の派生ユニット「バイトAKB」のメンバーとして活動していた異色の経歴の持ち主。アイドルとしての活動終了後、幼い頃からの料理好きが高じてラーメン作りにハマり、店を出すまでに至った。

ラーメン店には見えない趣のある店構え(提供写真)

ラーメン店には見えない趣のある店構え(提供写真)

 同店がTwitter上で話題になった際、「元アイドルによる接客を売りにした店なのではないか」と捉える人々もいた。しかし、梅澤さんは「お客様との写真撮影や握手はお断りしています」と断言する。

「お客様がお帰りの際、レジで軽く会話はしますが、いわゆる“接触”(アイドルとの握手やチェキ撮影、サインなどの交流のこと)のようなことは一切していません。もしもメイド喫茶のラーメン版のように受け止められているとしたら、それは誤解です」(梅澤さん、以下同)

 梅澤さんは2017年に地元である神奈川県大和市にて「麺匠八雲」をオープンし、現在3店舗を経営している。ラーメン業界の新星として期待を寄せられる存在だが、元アイドルというプロフィールから色眼鏡で見られることも多い。「せっかく人の興味を引ける経歴があるのだから、使わないのはもったいない」とスタッフに勧められて公表した「元アイドル」の肩書は、たしかに高い宣伝効果があった一方で、トラブルも招き寄せた。

関連記事

トピックス