芸能

『おかえりモネ』主演の清原果耶 新人時代を支えた宮崎あおいの存在

その演技力は、ベテラン俳優、女優たちから太鼓判を押されている

その演技力は、ベテラン俳優、女優たちから太鼓判を押されている

 がんに侵され、目に見えて弱っていくジャズ喫茶のマスター・田中(塚本晋也・61才)。彼の命を延ばす方法を百音(清原果耶・19才)は医師の菅波(坂口健太郎・29才)に相談するが、返ってきたのは厳しい現実。百音は無言で立ちつくし、その頰には、静かに伝う一筋の涙が──。

 NHK連続テレビ小説『おかえりモネ』の6月24日放送回のワンシーン。ヒロイン・百音を演じる清原の泣きの演技が話題となった。

 作品の特徴の1つが、これまでの朝ドラとは異なるヒロイン像だ。朝ドラのヒロインといえば、明るく前向きで、よくしゃべり、すさまじい行動力で突き進む……というのが常だが、本作のヒロインであるモネこと百音は、多くを語らず、冒頭のように表情だけで気持ちを表すシーンが多い。

 清原が朝ドラに出演するのは、これが3作目。これまでに『あさが来た』(2015年)、『なつぞら』(2019年)に出演し、脇役ながら豊かな表情で視聴者を魅了した。

「2018年にはNHKの『透明なゆりかご』で連ドラ初主演を果たし、19才にして経験は充分。今回の朝ドラもその演技力を評価されての起用となりました」(NHK関係者)

 モネの父親役を演じる内野聖陽(52才)も清原の演技力に太鼓判を押している。

「東日本大震災の津波が迫るシーンで、監督は清原さんに、叫んだり涙を流したりはせず、呆然とした表情をするように指示しました。それを聞いた清原さんはしばらく黙った後、『実際にやってみないとわからない……』と返したんです。その様子を見た内野さんは、言われるがまま演技するのではなく、自分で考えモネと自分自身を重ね合わせていく清原さんの姿を絶賛していました」(前出・NHK関係者)

 若き天才女優ともいわれる清原。彼女は幼少期から才能の片鱗を見せていたという。通っていた大阪市内の幼稚園の担任教諭が振り返る。

「果耶ちゃんは歌や踊りがとても上手でした。年少組のとき、『とっとこハム太郎』の挿入歌を誰よりも張り切って踊っていたのを覚えています」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン