芸能

松岡修造、黒柳徹子、大黒摩季、SAM、三田アナの共通点は「偉大な父」

日本を代表する華麗なる一族

日本を代表する華麗なる一族

 才能あふれる人物の父親が、本人を凌ぐほどの功績を持っていた──。芸能界では、そういったケースが多い。偉大な父の背中を見て育った著名人を紹介しよう。

「高祖父は阪急阪神東宝グループ創業者で、宝塚歌劇団の創設者でもある小林一三氏。姻戚にはサントリー元会長の鳥井信一郎氏などもいる。父・松岡功氏は現在、大手映画配給会社・東宝の名誉会長で、母は元タカラジェンヌの千波静さんです」(経済ジャーナリスト)

 もうおわかりかもしれないが、元プロテニスプレーヤーで“超ポジティブ人間”が印象的な松岡修造(53才)だ。

「プロ選手になりたいと伝えたとき、お父さんからは家業を継ぐ話はまったく出なかったとか。兄の松岡宏泰氏は海外映画を輸入する東宝東和会長で、姉の夫は辻調理師専門学校校長の辻芳樹氏。ビジネスはきょうだいに任せて彼は自分のやりたいことを優先したのです」(松岡修造の知人)

松岡修造の父・松岡功氏(写真/共同通信社)

松岡修造の父・松岡功氏(写真/共同通信社)

 偉大な父を持つのは松岡だけではない。黒柳徹子は、天才と称されたヴァイオリニスト黒柳守綱氏を父に持つ。新交響楽団(NHK交響楽団の前身)や東京交響楽団でコンサートマスターを務めた。戦後はシベリアにて捕虜にされるも、無事帰国し、再び音楽の世界へ戻った。

父は天才ヴァイオリニストといわれた黒柳守綱氏

父は天才ヴァイオリニストといわれた黒柳守綱氏

 千秋の父は日本板硝子株式会社元代表取締役の藤本勝司氏。国内では業界2位で、英の同業他社を買収して世界でもトップクラスになっている。ビルや住宅の建築ガラス、トヨタやフォルクスワーゲンの車用ガラスを販売・製造を行っている。

 フジテレビの三田友梨佳アナの父は、料亭『玄冶店 濱田家』社長・三田芳裕氏だ。老舗の名店で、ミシュランで三つ星を獲得したことがある。加えて、劇場『明治座』でも社長を務めており、芳裕氏が2代目として経営をしている。

 その他にも、こんな偉大な父を持つ著名人がいる。

■アンジェラ・アキ

 英会話の『イーオン』を創業した安藝清氏を父に持つ。全国に教室は250校あり、約2400人の従業員を抱えている。年商は約260億円ともいわれている“英語ビジネスの雄”だ。

■大黒摩季

 パンの老舗名店『木村屋』ののれん分けで『札幌キムラヤ』を開いた大黒正芳氏が父だ。1920年代に開業し、札幌におけるパン文化を広める一助となった。

■矢部太郎

 絵本作家で1977年より子供のための造形教室『はらっぱ』を主宰するやべみつのり氏が父。紙芝居作家でもあり、1996年に最も優秀な紙芝居に贈られる第34回五山賞奨励賞受賞。

■SAM

 前身の病院を含め120年の歴史がある丸山記念総合病院創設者の1人である丸山正義氏を父に持つ。地域医療を活性化して多くの人を救えるよう、多額の借金をして埼玉でも有数の病院を設立した。

■一青窈

 父は、台湾で知らない人はいない5大財閥「顔一族」の長男で実業家として活動した顔恵民氏。台湾が日本に統治されていた頃、金鉱経営で財をなした名家で、台湾経済を回す一助になった。

※女性セブン2021年7月15日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン