国内

コロナ禍での「家飲み」も影響か 女性と高齢者の依存症が増加傾向

女性に降りかかるアルコール依存症の危険とは

女性に降りかかるアルコール依存症の危険とは

 コロナ禍での外出自粛や飲食店への休業要請により増加したのが家飲み。気楽に、しかも安上がりに気分転換ができる一方で、重大な問題にもつながりかねないとの指摘もある。

 内閣府の発表では、2020年度のDV被害報告は、過去最多の19万30件。今年に入ってからは、ひと月ごとの相談件数が最も多かった3月で1万7320件にものぼり、その多くが、飲酒時に起こっているという。

 さらに、DVだけでなく、アルコール依存症のリスクも上がっている。沖縄県の比嘉恵さん(57才・仮名)が告白する。

「昨年の緊急事態宣言のときから、毎晩のように夫婦でお酒を飲んでいました。いまでは、もともとお酒好きの夫よりも私の方が酒量が多いほど。

 ところが、最近、日中もつい飲んでしまうことが増えているんです。昼食の支度をしているときも、おかずをつまみにビールを開けるのが当たり前になっていて……」

 東京慈恵医科大学教授の横山啓太郎さんは、女性は男性よりもアルコール依存症になりやすいと話す。

「現在、高齢者と若い女性のアルコール依存患者が増えています。1日でビールなら1500ml、日本酒なら3合程度飲み続けていると、10~20年ほどで依存症になるといわれていますが、女性は半分くらいの期間で依存症になる。事実、この1年間の飲酒量は、男性には変化はありませんでしたが、女性だけだと増えていることがわかっています」

 飲酒が習慣化してから依存症になるまでは年月がかかるが、このまま飲み続けていると、近い将来依存症や急性アルコール中毒を引き起こす可能性は充分にある。

 また、警視庁によれば、飲酒運転による事故は過去10年間では減少傾向にあったが、このコロナ禍で下げ止まりに。愛知県では昨年10月末までですでに1137件。前年同月比23%増と、地域によっては検挙数が激増している。

「飲酒量が増える原因は、ストレスや寂しさ。“飲まなきゃやってられない”と思うかもしれませんが、過度の飲酒は“自傷行為”です。日々の行動は、3~6か月ほどで習慣化する。もう1年以上コロナが流行しているいま、“コロナだから”というのは深酒する言い訳にはなりません。1日につき缶ビール1本までなら、健康に害はないといわれています」(横山さん)

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン