スポーツ

引退の松坂大輔、横浜高の恩師が語っていた「引き際の大切さ」

(時事通信フォト)

松坂の「育ての親」が語った(時事通信フォト)

「平成の怪物」として一時代を築いた西武・松坂大輔(40)が野球人生に幕を下ろすことが報じられた。古巣・西武に14年ぶりに復帰した昨季は1軍登板がなく、今季は2軍戦の登板もないまま、引退を決断した松坂。そんな松坂を引退直前まで気にかけていたのが、横浜高校でコーチ、野球部部長を長年務め、「育ての親」と呼ばれる小倉清一郎氏だった。つい最近、筆者のインタビューにこう語っていた。

「そりゃ心配だよ……。電話で最近話したのは2月か3月ごろかな。『今あるところで秘密の治療をしています』って言っていて。首を傷めているみたいで、思うようにいかないんだろうね。『どうなんだよ』って聞いても『(治療を)やってるところだからわかりません』って。オレにも状態はわからないよ」

 小倉氏と松坂の出会いは今から28年前だった。江戸川南リトルシニアに所属していた中3の松井光介(現・ヤクルト打撃投手)に注目して球場に足繁く通っていた時、2学年下の松坂の姿に目を惹かれたという。

「ずば抜けて凄かったわけじゃない。コントロールも悪かったし、身長も165センチぐらいで高くはなかった。だけど、こいつはひょっとしたら凄い投手になるという予感がしたんだ。身長に比べて背筋は強そうだったし、2塁ゴロや遊撃ゴロを全部捕りにいく姿勢にも目を惹かれた。実際、中学3年間で球はどんどん速くなったよ。最終的に20~30校が興味を持ったんじゃないかな。でも、声を掛けただけの高校も少なくなかった。ストライクが入らないから」
 
 中学時代の松坂は2年秋の関東大会で優勝、3年の夏の大会も優勝するなど頭角こそ現していたが、全国の強豪で知られる中本牧リトルシニアに大量失点を喫するなど、世代を代表する存在ではなかった。当時の江戸川リトルシニアは帝京高とつながりが深く、「松坂も帝京高に進学するだろう」と見られていたのも、他校が手を引いた理由かもしれない。
 
 だが、小倉氏は松坂の可能性に賭けた。「ストライクはいずれ入るようになるから、どうってことない」と言いのけ、先に横浜高に進学が決まっていた中本牧リトルシニアの小池正晃(現・DeNA1軍外野守備走塁コーチ)、小山良男(現・中日スカウト)、常盤良太に対し、松坂を横浜高に誘うように伝えた。小池らにとってみれば、松坂はメッタ打ちにした投手だけに、その指令を不思議に感じただろう。小倉氏はその空気を察してこう言ったという。

「もう少ししたら、おまえらが束になっても勝てないぞ」

 横浜高に入学後した松坂だが、制球難がなかなか修正できない。渡辺元智監督が「投手に見切りをつけて打者にしよう」と提案したこともあった。だが、小倉氏は首を縦に振らなかった。

「あの学年は大輔以外に投手がいなかったんだよ。長田秀一郎(現独立リーグ・武蔵投手コーチ)をスカウトしていたんだけど、『公立でやる』って言ってたから、手を引いたら鎌倉学園に行って。もう一人、目をつけていた加納大祐も鎌倉学園に行った。松坂を育てるしかなかったんだ」

関連キーワード

関連記事

トピックス