• TOP
  • 芸能
  • “12才から海外を見据えていた” 俳優・池松壮亮の生き様

芸能

2021.07.14 07:00  NEWSポストセブン

“12才から海外を見据えていた” 俳優・池松壮亮の生き様

オール韓国ロケの新作映画では盟友の石井裕也監督と“越境”を果たした(AFP=時事)

オール韓国ロケの新作映画では盟友・石井裕也監督と“越境”を果たした(AFP=時事)

 子役デビューから20周年を迎えた俳優・池松壮亮(31)。今年はオール韓国ロケの主演映画『アジアの天使』が7月2日から公開されたほか、出演した中国映画『柳川』や『1921(原題)』の公開も控えるなど、アジア圏での活躍が目立つ。

 2001年に劇団四季のミュージカル『ライオンキング』でデビューした池松壮亮。当時は役者よりも野球選手の方に興味があったものの、徐々に俳優業に魅力を感じ始めていったという。2003年にはハリウッド映画『ラスト サムライ』に出演し、若手俳優賞にノミネートされるなど話題を呼んだ。

 2005年公開の映画『鉄人28号』では映画初主演を務め、この頃より野球選手ではなく役者として生きていくことを決意するようになったという。その後は数多くの映画やテレビドラマで主役から脇役まで幅広い役柄を演じ、数多くの映画賞を受賞。映画界で欠かせない俳優の一人として知られるようになっていった。

 7月2日に公開された石井裕也監督の映画『アジアの天使』では、俳優のオダギリジョーが演じる兄を頼って8歳の息子とともに韓国・ソウルへと渡る主人公を熱演。撮影は全て韓国で行い、実力派として知られるチェ・ヒソをはじめ韓国出身の俳優も複数出演した作品だ。

 これまで主に邦画を中心に活躍してきた池松壮亮だが、今年公開予定の作品ではチャン・リュル監督の中国映画『柳川』や上海で撮影を行ったという『1921(原題)』への出演も発表されており、活動の軸足がアジア圏へと広がっていく転機ともなりそうだ。

『アジアの天使』で共演したオダギリジョーも韓国や中国、香港、シンガポールなどの映画に出演しているが、池松壮亮もこうした“海外進出”へと向かうのだろうか。だが映画ライターのSYO氏は「信頼する監督と共に越境することが大きかった」と説明する。

関連記事

トピックス