• TOP
  • スポーツ
  • 福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート

スポーツ

2021.07.15 05:00  女性セブン

福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート

福原愛

離婚成立し、豪邸を購入して福原愛は新しい生活を始める(写真/AFLO)

 どんよりとした天気が続く7月上旬、都内に福原愛(32才)の姿があった。ふっくらした健康的な顔が魅力的な“愛ちゃん”だが、この日は少々やつれた様子で、心なしか線が細く見える。この日、彼女が帰ったのは、不倫疑惑が取りざたされた一戸建てではなく、芸能人が多く住むエリアにある超高級マンションだった。

「実は愛ちゃんは不倫報道が世間を賑わせる直前に、このマンションを購入していました。日本で再出発を目指そうとした彼女の新拠点となるマイホームです」(福原の知人)

 しかし、福原が帰宅した際、家に明かりはともっていなかった──。

《皆様へ この度は私達夫婦のことでお騒がせする事態となり、申し訳ございませんでした。その後、夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私共の子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします》

 7月9日、福原は台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と連名で離婚の成立を報告した。

「愛さんは昨年末に離婚届に判を押し、弁護士を立てて離婚に向けた準備を進めていました。江さんは最初こそ別れようとしませんでしたが、4月末に協議の場についた。3才の長女と2才の長男の親権が争点でしたが、結局子供たちは江さんとともに、台湾で暮らすことに。双方の主張が食い違って時間がかかると思いましたが、あまりに早い合意に驚きました。愛さんには決着を急ぎたい理由があったのでしょう」(台湾人ジャーナリスト)

 鉄の意志で離婚を勝ち取った福原だが、すべてが望み通りになったわけではない。

「1月に帰国した際、彼女が思い描いていた人生設計は、ことごとく崩れ去っていると思います。その1つが社会貢献活動です。彼女は2月に株式会社omusubiを設立し、自分を育ててくれた卓球界やスポーツ界に、恩返しするつもりでした。しかしオフィスは会社設立からわずか2か月で閉鎖され、現在まで目立った活動はありません」(福原を知る卓球関係者)

関連記事

トピックス