スポーツ

福原愛が3億円の大豪邸購入 子供や母と離れてひとり暮らしスタート

福原愛

離婚成立し、豪邸を購入して福原愛は新しい生活を始める(写真/AFLO)

 どんよりとした天気が続く7月上旬、都内に福原愛(32才)の姿があった。ふっくらした健康的な顔が魅力的な“愛ちゃん”だが、この日は少々やつれた様子で、心なしか線が細く見える。この日、彼女が帰ったのは、不倫疑惑が取りざたされた一戸建てではなく、芸能人が多く住むエリアにある超高級マンションだった。

「実は愛ちゃんは不倫報道が世間を賑わせる直前に、このマンションを購入していました。日本で再出発を目指そうとした彼女の新拠点となるマイホームです」(福原の知人)

 しかし、福原が帰宅した際、家に明かりはともっていなかった──。

《皆様へ この度は私達夫婦のことでお騒がせする事態となり、申し訳ございませんでした。その後、夫婦で協議した結果、双方合意のうえで離婚が成立いたしました。私共の子供達については、共同親権となりますので、少しでも子供達への影響を減らすことができるよう、それぞれ努力いたします》

 7月9日、福原は台湾の卓球選手・江宏傑(32才)と連名で離婚の成立を報告した。

「愛さんは昨年末に離婚届に判を押し、弁護士を立てて離婚に向けた準備を進めていました。江さんは最初こそ別れようとしませんでしたが、4月末に協議の場についた。3才の長女と2才の長男の親権が争点でしたが、結局子供たちは江さんとともに、台湾で暮らすことに。双方の主張が食い違って時間がかかると思いましたが、あまりに早い合意に驚きました。愛さんには決着を急ぎたい理由があったのでしょう」(台湾人ジャーナリスト)

 鉄の意志で離婚を勝ち取った福原だが、すべてが望み通りになったわけではない。

「1月に帰国した際、彼女が思い描いていた人生設計は、ことごとく崩れ去っていると思います。その1つが社会貢献活動です。彼女は2月に株式会社omusubiを設立し、自分を育ててくれた卓球界やスポーツ界に、恩返しするつもりでした。しかしオフィスは会社設立からわずか2か月で閉鎖され、現在まで目立った活動はありません」(福原を知る卓球関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
《『すぽると』も!》重用か依存か、フジテレビの千鳥起用がさらに進む背景 他局に比べてレギュラーの数が突出
NEWSポストセブン
2019年、明治大学を卒業した斎藤ちはる
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2020~】斎藤ちはる、竹俣紅らタレント揃いで「新人らしからぬ完成度の高さ」が共通点
週刊ポスト
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン