スポーツ

大谷翔平成功の秘密 ビジネス界も注目の「グロースマインドセット」とは

(写真/Getty Images)

大谷選手の”心のあり方”にも注目が集まっている(写真/Getty Images)

「彼と会ったとき、『トレーニングも順調にやってます』とすごくいい笑顔で話してくれたのが印象的でした。ちょうどオフシーズンで日本に帰ってきていたときだから、2020年の12月頃です。その“状態のよさ”がいまの大活躍につながっていると思います」

“彼”とはいま間違いなく世界一有名な日本人であろう、大谷翔平(27才)その人だ。大谷を15才から取材してきたスポーツライターで『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』の著書もある佐々木亨さんは、満面の笑みでワールドワイドな活躍を祝福した。

 4年前に海を渡った青年は、メジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに入団し、快進撃を続けている。前半戦だけで、打っては33本のホームランを量産し、松井秀喜のもつメジャーでの日本人シーズン最多本塁打を更新。投げてはメジャーの強打者を相手に4勝を挙げた(日本時間7月12日時点)。打者・投手の二刀流は世界中の人々の心をとらえて離さず、現地では活躍のたびに発せられる「Sho-Time」との掛け声が流行語になっている。

 世界中の老若男女を虜にする27才の青年は、いかにして“大谷翔平”となったのか

けがやアクシデントを次のステップにする

《悪い時にどうするかが一番大事》《自分の中で課題を消化するのが野球の面白さなのだと思います》──これらは大谷が過去に失敗に直面した際に発した言葉の一部。失敗を受け止めつつも、それをすぐさま好転させようとする、前向きな姿勢がうかがえる。なぜ、そうも前向きになれるのか。

 読み解くひとつのカギとなるのが、「グロースマインドセット」と呼ばれる心のあり方だ。『子育てベスト100』の著者で教育ジャーナリストの加藤紀子さんが解説する。

「これは、発達心理学の世界的な権威であるスタンフォード大学のキャロル・S・ドゥエック教授が提唱したもので、壁にぶつかったときにそれを挑戦や学びとして肯定的に受け止め、困難にも立ち向かえるしなやかな心を指します。

 近年はビジネス界でも注目されており、“激変する世界の中で生き残るには、社内の人材にグロースマインドセットを浸透させることが最も重要”といわれています。失敗を恐れたり、困難にひるんだりすることなく、大舞台で伸び伸びとプレーする大谷選手は、典型的なグロースマインドセットの持ち主です」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン