• TOP
  • スポーツ
  • ブル中野、結婚で変わった人生観 悪役メイクで酷使した肌も転生

スポーツ

2021.07.18 16:00  女性セブン

ブル中野、結婚で変わった人生観 悪役メイクで酷使した肌も転生

ああああ

「50kg落としたので、皮膚のたるみには要注意なんです」と、スリムになった伝説のレスラーは語る

 トレードマークは青く逆立てたモヒカンヘア。1980~1990年代、ダンプ松本らと組んだ「極悪同盟」の“最凶”レスラーとして活躍したブル中野(53才)。悪役ながら男女問わず愛されたプロレス界のレジェンドだ。数年前、そんな最凶レスラーがスリムでフェミニンに激変した姿を見て驚愕したファンも多いだろう。

 ブル中野がプロレス入りしたのは、15才のときだ。

「アントニオ猪木さんの試合を観てプロレスファンになりました。それを見ていた母が、『そんなに好きならプロレスラーになれば?』と、オーディションに応募したんです。

 プロレスを観るのは好きだけど、まさかやるなんて! という感じでした。当時の私は運動神経も悪く、手芸部で、性格も暗かった。母は、この子は人生をなめているから、厳しいところに身を置いたら変わるんじゃないかと(笑い)。それに、すぐ逃げ帰ると思ったようです」(中野・以下同)

 中学1年生でオーディションに合格。卒業を待って全日本女子プロレスに入門。当初はベビーフェイス(善玉)として頭角を現した。

 その後、8才年上のダンプ松本に誘われ、18才で悪役に転向することになる。リングネームも本名の中野恵子からブル中野へ改めた。

「最初は嫌でしたねえ。当時の悪役は『本当に悪いやつ』と思われていて、会場で石を投げられることもあり、しばらくは『もう人生終わりだ』と絶望していました」

 そこから“最凶”として名を馳せるまでに、どんな心境の変化があったのだろう?

「踏ん切りのつかない私を見たダンプさんに、髪の毛を半分剃られたんです。モヒカンにするつもりが、半分剃ったところで、ダンプさんも飽きたんでしょうね(笑い)。『お前は半人前だからこれでいいや』ということで、半分剃ったスタイルが定着しました。

 それを機に、『私が生きていく道はリングしかない』と吹っ切れました。ダンプさんには本当に感謝しています」

関連記事

トピックス