• TOP
  • ライフ
  • アーケードのある商店街で大地震発生「店舗に逃げ込む」が正しい対処法

ライフ

2021.07.19 16:00  女性セブン

アーケードのある商店街で大地震発生「店舗に逃げ込む」が正しい対処法

あああ

アーケードで頭をガードしてその場にしゃがむと…

 いつどこで発生するかわからない大地震。もしも買い物をしている途中に被災してしまったら、どうすればいいのだろうか──。

「街の中でも、特にアーケードのある商店街は、大地震の際、崩落事故が起こる可能性が高いので、危険な場所といえます」と話すのは、災害危機管理アドバイザーの和田隆昌さんだ。

 これまでも、阪神・淡路大震災では、兵庫県・神戸三宮センター街にて、広範囲でアーケードの天井や造作物が崩壊。熊本地震でも震源地から約5km離れた場所にある商店街のアーケードが、一部押し潰されるなどの被害が発生した。

「これは、アーケードの天井や看板などが周囲の建物の耐震性より大幅に低いという構造上の問題があります。全国には老朽化したアーケード街が無数にあり、耐震補強や改修が急務なのですが、それが追いついていないのが現状です」(和田さん・以下同)

 そんなアーケードのある商店街を通行中に被災したら、どうすればいいのか?

「緊急地震速報を受信したり、揺れを感じたら、すぐに商店街の脇道の屋根のない場所に逃げましょう」

 ただし、揺れが強くてそこまで歩いて行けなかったり、すでに頭上のアーケードの落下、崩壊が始まってしまって脇道まで間に合わないと思ったら、無理な移動は禁物だ。

「その場にしゃがみ込んでしまうと、アーケードが落下した場合、巻き込まれる恐れがあります。移動が難しい場合は、近くの店舗の中に逃げ込んでから、しゃがんで頭をガードしましょう」

関連記事

トピックス