ライフ

鎌田實医師、心房細動の治療で入院 絶対安静のベッドで考えたこと

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師

 身動きがとれない患者になってみて、初めて知り、感じられることがある。心房細動の治療で入院した、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が、「生」や「死」について思いを巡らせた時間を振り返った。

 * * *
「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す。保険に入っていれば金を残す」と言ったのは吉行淳之介。ぼくはロクに保険も入っていないから、大した金も残せないな、とふと思った。

 6月上旬、心臓のカテーテルアブレーションという治療のため、4日間入院した。「生」や「死」について思いを巡らす時間はたくさんあった。

 数年前から心房細動の発作が起こっていた。心房細動は不整脈の一つ。2010年のデータでは、日本の心房細動の患者は約80万人。今は100万人近くいるのではないかと推測されている。一生の間に3人に1人が心房細動を経験すると言われている。

 ぼくの場合、突然、動悸が速くなり、それが2時間ほど続く。とても気持ちが悪いが、慣れればこんなものか、とも思う。イラクの難民キャンプに診察に行く途中、トランジットのイスタンブールで、発作性心房細動に見舞われたこともある。機内で眠れなかったことや疲労、ストレスなどが関係していたようだ。

ぼくの背中を押した主治医の言葉

 心房細動でいちばん注意しなければいけないのは、脳梗塞のリスクが高まることだ。心房細動が起こると心房に血液が溜まって血栓ができ、それが心臓から流されて脳に行くと、血管を詰まらせる。

 2004年、長嶋茂雄さんは、おそらくこの心房細動から脳の左側の広範囲の梗塞を起こし、右不全麻痺と失語症を起こした。80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんも、サッカー日本代表のオシム監督も心房細動から脳梗塞になりかかったが、後遺症は残らずに済んだといわれる。

 諏訪中央病院の循環器医と相談し、不整脈を抑える薬や血栓をできにくくする薬をしばらく飲んでいたが、ついにカテーテルアブレーションをすすめられた。

「これからも、日本中だけでなく世界中飛び回るためには、心房細動を抑える治療をしておきましょう」

「最後までピンピン生きる」を目指しているぼくは、その言葉で、治療を決意した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン