• TOP
  • スポーツ
  • 大谷翔平は1日4500kcal摂取 豚ヒレ、鶏胸肉、ささみ、魚介が中心

スポーツ

2021.07.21 07:00  週刊ポスト

大谷翔平は1日4500kcal摂取 豚ヒレ、鶏胸肉、ささみ、魚介が中心

大谷翔平の超人プレーを支える食生活の秘密(画像はザバス公式ツイッターより)

大谷翔平の超人プレーを支える食生活の秘密(画像はザバス公式ツイッターより)

 MLBオールスターゲームでは「特別ルール」のもと、史上初となる一番・投手での「二刀流出場」を果たした大谷翔平。ホームランダービーでは延長戦の末惜しくも初戦敗退となったが、投げては球速160km/hを連発。世界を熱狂させる大谷の超人プレーを支える土台は、徹底的に自己管理された「食事」にあった。

 世界最高の選手が集うメジャーリーグ。平均体重95kgを超える選手たちの強靱な肉体を支えるために、食事のサポートも至れり尽くせりだ。

 シーズン中はクラブハウスで3食が提供される。各国の多種多様なメニューが用意されるビュッフェスタイルで、選手は自分の好みやその日の体調に応じて、自由に選ぶ。

 そんなメジャー選手のなかでも「違う次元に向かっている」(ヤンキースのアーロン・ブーン監督)と称される大谷翔平は、“食への探究心”でもはるか先を行っている。

 野球専門メディア「Full-Count」MLB担当・小谷真弥氏が語る。

「クラブハウスのメニューは豊富ですが、遠征地で実際に選手のプレートを見るとチキンやステーキなど肉が中心で、そこは“やはりアメリカだな”と感じます。大谷選手は日本時代から独自に受けてきた食事指導をもとに、数あるビュッフェのメニューから栄養を計算し取捨選択して食べています」

 大谷は2015年4月に明治のプロテインブランド「ザバス」とアドバイザリー契約を結び、以来、同社所属の管理栄養士から栄養面でのサポートを受けてきた。

 具体的には、主食・主菜・野菜・果物・乳製品を揃える「栄養フルコース型」の食事だ。20代の一般男性の1日の摂取カロリーの目安は2300kcalだが、大谷の場合はその倍近く、4500kcalを摂取する。

 特にたんぱく質へのこだわりは強く、豚ヒレ肉や鶏胸肉、鶏ささみ、魚介類など、脂質が少ないものを選別する。

関連記事

トピックス