芸能

田中邦衛さんの脇役魂「つまんない役に光をあててヴィヴィッドに」

田中邦衛さんの印象的な言葉を振り返る

田中邦衛さんの印象的な言葉を振り返る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、2021年3月に亡くなった俳優・田中邦衛さんの過去インタビューから、脇役について語った言葉を紹介する。

 * * *
 田中邦衛が亡くなった。

 役ではなく自分自身として人前に出て話すことを苦手としてきた俳優だったので、残念ながら彼が残した「役者としての言葉」はそのキャリアの長さや演じてきた役の幅の広さに比べて少ない。

 ただ、ありがたいことに「ムービー・マガジン 第十三号」(一九七七年、ムービー・マガジン社刊)にて高平哲郎がロングインタビューをしており、独特のとつとつとした語り口を見事に文字として再現しつつ、田中邦衛の役者としてのスタンスについて、かなり詳しくうかがい知ることができる。そこで今回はその中から、いくつか印象的な言葉を紹介していきたい。

 なぜ俳優になったのか。これは本連載で筆者も俳優たちに必ず最初に聞いているのだが、高平哲郎も田中邦衛にその質問をぶつけている。が、高平は何度も聞いているにもかかわらず「その質問に明確な答えをひとつも出してくれていない」と振り返るような状況だった。

 一方で、役作りの話になると「俺、そう聞かれると困っちゃうんですね」と前置きしながらも確たる言葉で語っている。

「役に入っていく場合、抵抗してやってくほうがいいですね。思い悩んで……。そういうほうが、集中を必要とするでしょ。特に細かくデータを調べたり。“読み”が勝負って感じしますね。

 やっぱり優秀な人は、役になりきれるんでしょうね。こっちは集中してないから、なりきるっていったって、どっかで醒めた目があったりしてね。同じ殺人犯の役でも、その人物の深みにどうやって入っていくかというのが個人的な作業ですからね。人物だって文学書を抜けだしたみたいな人で深みのない人だっている。もっと役もらって入っていくとき震えるくらい感動してやっていきたいね」

 どちらかというと田中自身も「なりきれる」タイプの俳優だと思っていただけに、「醒めた目」を持って細かく調べたりしながら役に入っていく──というのは意外だった。さて、この時期の田中邦衛が演じる役柄は専ら脇役。そこも、自身を醒めて見つめる言葉で語っている。

「ぼく自身に限れば、やっぱり脇役って感じしますね。主役というのはパワーというか持続力というか、人物の大きさって気がします。健さんなんか、“大きさ”あるもんね……。主役を喰うってことより、まず役の深みを、まず考えればいいし、二、三回深くやる……。よくわかんないけど、ただムキ、不ムキから言うと、やっぱり脇だという……」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト