• TOP
  • 芸能
  • 田中邦衛さんの脇役魂「つまんない役に光をあててヴィヴィッドに」

芸能

2021.07.21 16:00  週刊ポスト

田中邦衛さんの脇役魂「つまんない役に光をあててヴィヴィッドに」

 ここでも田中は、自分自身を客観的に捉え、引いた視点から語っていることに気づかされる。そして、こう続けている。

「つまんない役に光をあてて、ヴィヴィッドにできたらなって思いますね。台本屋(ほんや)も監督も予想できないような役ができたらな──と、結局、すぐれた脇役ってそうするんじゃないですか」

 そんな田中は後年テレビドラマ『北の国から』の主役を長きにわたり演じることになる。彼はどんな想いで臨んでいたのだろう。聞いてみたかった──。

【プロフィール】
春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

※週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号

関連記事

トピックス