芸能

話題の“売れてない芸人シリーズ本” 仕掛け人が語るヒット戦略

シリーズは累計16タイトルまで増えた

シリーズは累計16タイトルまで増えた(画像はその一部)

 7月13日にシリーズ16冊目となる書籍が刊行された「売れてない芸人(金の卵)シリーズ」をご存知だろうか。SNSを中心に話題を呼び、著名人からも注目を集めているものの、どの書籍も著者は芸人としては無名に近い存在だ。“売れてない芸人”の著書がなぜ反響を巻き起こしているのか? 企画の仕掛け人に話を訊いた。

「売れてない芸人(金の卵)シリーズ」は、今年2月に代官山ブックスによって創刊された、お笑い業界を横断する電子書籍シリーズ。これまでのラインナップを眺めてみると、お笑い芸人のカモシダせぶん、お笑いコンビ・シューマッハの中村竜太郎、同じくお笑いコンビ・ネコニスズのヤマゲン……と、お茶の間ではあまり知られていない名前が並ぶ。

 決して著者の知名度が高いわけではないが、刊行された書籍は評判だ。Amazon Kindleのエンタメ部門「売れ筋&新着ランキング」で1位を獲得する作品が出るほか、SNS上では「めちゃくちゃ面白かった」「自然と涙が溢れて自分でもびっくり」「思わず笑ってしまった」と大反響。人気お笑いコンビ・見取り図やピン芸人・紺野ぶるま、お笑いタレントの古坂大魔王といった著名人からも称賛の声が寄せられている。

 とはいえ、通常は“売れている芸人”を著者にした方がより大きな売り上げを見込めそうなものだ。なぜあえて“売れてない芸人”にフォーカスしたのだろうか。シリーズの企画・編集・発行人を務める廣田喜昭氏はその理由をこのように語る。

「本の新たな価値をつくりたかったことと、売れてない芸人さんの生き様そのものが魅力的なコンテンツだと思ったからです。

 大手の出版社であれば、有名で売れている芸人さんの本を出すことが定石だと思いますが、うちのような小さな出版社は『まだ世の中にない、新たな価値』をつくっていかなければ、存在価値そのものがありません」(廣田氏、以下同)

 実はシリーズ創刊に先立ち、昨年11月にお笑いコンビ・高校ズの秋月による書籍が刊行されているのだが、この書籍を制作した経験がシリーズ化へと発展するきっかけになったという。

関連記事

トピックス

お誕生日写真で愛らしい笑顔を見せられる佳子さま(2022年12月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
佳子さま、専属カメラマン起用でお写真の雰囲気が変化 「まるでアイドルのよう」の声も
女性セブン
「創価学会票」の消滅で当選が危うい自民議員も(時事通信フォト)
【自民党内部資料スクープ入手】自公亀裂「創価学会票」消滅で自民党議員56人が落選危機に直面
週刊ポスト
豪雨の中で撮影していた深田
深田恭子 体調不良を感じさせない「雨の中の余裕の撮影現場」 恋人とは“適度な距離感”保つ
女性セブン
売春防止法違反の疑いで逮捕された沢村雅也容疑者
「悪いことしたとは思ってない」SNSでモデル女性の売春斡旋「紹介役おにぃ」が語っていた“反省ゼロ”の肉声
NEWSポストセブン
暴力行為等処罰法違反容疑などで逮捕された前参院議員のガーシーこと東谷義和容疑者(時事通信フォト)
【わずか2年で】ガーシー容疑者「家賃も電気代も踏み倒して夜逃げ」から「3億円報酬」も約束のジェットコースター半生
NEWSポストセブン
広島の若手のホープ・玉村昇悟と小園海斗
【TikTokerと極秘おめでた婚】広島カープ・玉村昇悟の妻と小園海斗の妻は「コラボダンス動画」を上げる仲 「インフルエンサー」という共通点
NEWSポストセブン
(写真はイメージ)
「詐欺師め、呪い殺してやる」 国際ロマンス詐欺で1100万円を失った28歳女性の後悔と「恨み節LINE」
NEWSポストセブン
平野紫耀
キンプリ脱退の平野紫耀“中国で再デビュー”の可能性 現地での愛称は「ビスケットちゃん」
女性セブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《別居生活3年》田中美佐子“格差婚”から28年、湘南の自宅から姿を消して…Take2深沢邦之に起きていた「異変」
NEWSポストセブン
問題となっている「湯呑みペロペロ」動画(SNSより)
【スシロー】湯呑みペロペロ少年に6700万円訴訟 父親、涙の謝罪「本人は反省」でも巨額損害賠償請求という現実
NEWSポストセブン
“厳重注意”に終わった広末
《W不倫報道》広末涼子、本人は反論の意向も事務所が“厳重注意”に至った理由「出会って3か月」の衝撃
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
「週刊ポスト」本日発売! タワマン生活「格差と差別」の地獄ほか
NEWSポストセブン