• TOP
  • 国内
  • 「週刊ポスト」本日発売! ワクチン接種後の死亡事例ほか

国内

2021.07.28 07:00  NEWSポストセブン

「週刊ポスト」本日発売! ワクチン接種後の死亡事例ほか

 7月28日発売の「週刊ポスト」は、夏の合併特大号。光と影の東京五輪が良くも悪くも注目と関心を集めているが、庶民の生活にとって五輪はほんの一側面でしかない。コロナ禍で2度目の夏を健康に楽しく乗り切る知恵と“ネタ”を総力取材でお届けします。グラビアはオールカラーでお宝カット満載!

今週の見どころ読みどころ

◆明石家さんまが告白「やっぱりワクチン打つことにした」
5月に自身のラジオ番組で「ワクチンは打たないつもり」と発言して物議をかもしていた明石家さんまが、本誌の直撃に考えを一転、「8月末に打つことに決めてる」と告白した。「さんまが打たないなら自分も打たない」というファンが少なからずいたこともあり、影響力の大きさも考慮したようだ。本誌では一問一答を詳報する。

◆東京五輪のために支払う国民1人あたりの負担額は一体いくら?
IOCのバッハ会長は、「オリンピックが始まれば日本国民の気持ちは変わる」とうそぶいた。五輪反対を公言していた立憲民主党の蓮舫氏がスケートボードの金メダルに興奮してツイートしたことに対しては、ダブルスタンダードだという批判も起きた。日の丸を背負ったアスリートの活躍が国民にとってうれしいのは当然だが、だからといって「五輪支持」という証拠にはならない。本誌の徹底調査により、今回の「テレビ観戦五輪」のために、全国民が1人あたり1万円以上、都民にいたっては10万円以上を負担していることが判明した。一体なににそんな巨額の税金がつぎ込まれたのか? 詳細は本誌で。

◆<スクープ>侍エース・山本由伸がホテル密会した相手は、菅野の元カノだった
7月28日に初戦を迎える五輪野球代表の侍ジャパン。そのエースとして開幕投手を務めるのがオリックスの山本由伸だ。その山本は、前半戦最後の登板の夜、都内の高級ホテルで美女と濃密な時間を過ごしていた。そのお相手はなんと、かつて本誌が侍ジャパンの元エースである巨人・菅野智之との交際をスクープした美女モデルだった――。

◆五輪選手村スタッフは見た! アメリカ&イタリア選手団の「大宴会」
専門家の懸念のとおり、選手村ではコロナ感染者が続出し、クラスター発生のリスクと隣り合わせで大会は進んでいる。選手村スタッフの証言からは、政府や組織委員会が約束した「バブル」が全く機能していない実態が明らかになった。アメリカやイタリアの選手団は、マスクもせずに食堂で10人以上の大宴会を開いていたというのである。このルール違反に組織委はなんと答えたか。

◆コロナワクチン「2回目後に死亡した77人」が飲んでいた薬
ワクチンを2回接種した国民は約3000万人に達したが、接種後に死亡したと報告されたケースも700件を超えている。そのうち、副反応が強いとされる2回目の接種後に死亡したのは214人。ワクチン接種との関連はわかっていないものの、死者には気になる共通点も見つかっている。普段飲んでいる薬とワクチンには「危険な禁忌」があるのだろうか。

◆不正続出のジェネリック医薬品 医者は飲んでいなかった!?
政府の推進キャンペーンにより、いまやジェネリック医薬品の使用率は78%に達している。しかし、市場が拡大して競争が激化していることから、製造や検査工程での不正が相次いで発覚し、その信頼性に疑問が投げかけられている。また、主成分が同じだといっても、必ずしも「同じ効き目」であるかは保証されていない。実は医師らが加入する健康保険組合のデータでは、ジェネリック使用率は6割程度なのである。患者に強く勧めるジェネリックを、医師自身は避けていることがわかった。

◆<カラーグラビア>オリンピック開会式の光と影
見逃した人でも臨場感を体感できる開会式の誌上再現。ONの聖火ランナー、海老蔵の「暫」、好評だったピクトグラムのパントマイムやドローンの地球、そしてブルーインパルスの妙技などを紹介する。一方、その時間、会場の外では何が起きていたか。都民の冷めた日常や「密」な街の様子をカメラは捉えていた。

◆<カラーグラビア>五輪を彩る世界の美女アスリート図鑑
各国の女性アスリートたちの肉体美と、待ちに待った晴れ舞台に満面の笑みを浮かべるベストショットを集めた。日本からは、アーティスティックスイミングの安永真白、新体操の大岩千未来がエントリー。

◆<グラビア>阿久悠と筒美京平「いま歌いたい、あの詩、あの曲」
まだまだカラオケを自由に楽しめる状況にはないが、それなら自宅で名曲を思う存分歌ってみてはいかが? 日本を代表するポップスの巨匠ふたりが手掛けた国民的ヒット曲を一挙紹介。もちろん、当時のなつかしいシーンも掲載します。「ロマンス」「シンデレラ・ハネムーン」などで両氏とコラボした岩崎宏美はじめ、太田裕美、山本リンダ、ジュディ・オング、増田恵子(ピンク・レディー)、松本伊代、石川さゆり、笠浩二(C・C・B)、八代亜紀が、昭和のメガヒットの思い出を語る。

◆あの人が遺した「最期の言葉」
昭和の巨星たちが人生の最後に家族に遺した言葉を紹介する。プロ野球の大島康徳氏、中曽根康弘・元首相、大鵬、水木しげる、若山富三郎の最期が再現される。
「思い出せばいつでも会えるし、いつまでも一緒なんだよ」

◆あのメダリスト、いま何してる?
オリンピックを沸かせた国民的スターたちの「いま」を追跡。檜舞台のドラマに負けず劣らず、その人生は波瀾万丈、千差万別だった。レスリングの吉田義勝、上武洋次郎、金子正明、柳田英明、太田章、柔道の中谷雄英、女子バレー「東洋の魔女」の松村勝美、水泳の田口信教、青木まゆみ、田島寧子、体操の笠松茂の各氏が登場する。

◆<巨弾連載>最後の海賊 三木谷浩史と孫正義の頂上決戦
ジャーナリスト・大西康之氏によるビジネス・ノンフィクションが今号からスタート。日本のベンチャーの両雄、ソフトバンクの孫正義氏と楽天の三木谷浩史氏の破天荒でドラマティックな半生、そして激突を綿密な取材で明らかにする。

※全国の書店、コンビニで絶賛発売中!

関連記事

トピックス