国内

暴力団取材の注意点は? 漫画家・真鍋昌平&ライター・鈴木智彦対談

暴力団作品を主戦場とする2人が対談

暴力団作品を主戦場とする2人が対談

 全国で暴力団排除条例(暴排条例)が施行されて、この10月で丸10年となる。条例により暴力団の弱体化が伝えられてきた中、その間も反社会的人物を取材し続けてきた2人が初めてとなる対談を行った。

 代表作『闇金ウシジマくん』に続き、ヤクザや半グレを顧客とする弁護士を描く『九条の大罪』が大ヒット中の漫画家・真鍋昌平氏と、密漁の実態を描いた衝撃ルポ『サカナとヤクザ』が文庫化された暴力団取材のプロ・鈴木智彦氏。反社を取材対象とする2人が、お互いの取材手法や作品化する上での注意点などを語り合った。

鈴木:真鍋さんの漫画は暴力団事務所でいつも目にしてます。最新刊はたいていトイレに常備されているのでそこで読んでます(笑)。抗争中の暴力団も大絶賛していた。これで勉強しろと渡されます。

真鍋:廉価版のやつですよね? コンビニでカップラーメンと一緒に買われているらしいんですよ、お湯入れたラーメンの上に置くのにちょうどいいんだって(笑)。

鈴木:いえ、かなり以前からベストセラーで、部屋住みの待機部屋に全巻揃ってたりしますよ。暴力団関係者から直接取材されるんですよね?

真鍋:取材の一環でお会いする場面はあります。俺の自伝を漫画にしてくれとか頼まれます。全40巻くらいになるぞって言われたり(笑)。

鈴木:暴力団のみならず「俺の人生は波瀾万丈で小説になる」と自慢する人はだいたい並です。

真鍋:鈴木さんは相手の言っていることの裏取りはどうやってするんですか?

鈴木:抗争事件だったら事実関係は新聞報道を追いかけますが、加害者側とパイプがあるか、被害者側と親しいかは運です。どちらにも当てたい(取材したい)けど、なかなかそうはいかない。

真鍋:やられた側はあんまり書かれたくないじゃないですか。

鈴木:表面上は負けて勝つ喧嘩もあるんです。抗争は加害され報復する暴力のラリーなので、部外者が簡単に勝敗を判定できない。喧嘩の勝敗は、とどのつまり、その後繁栄した側が勝ちなんです。今の山口組分裂抗争はどちらも組織力を削がれて縮小するしかないので、勝者のいない抗争になる。

真鍋:そういうものなんですか。

鈴木:作品を読んでいると、真鍋さんは取材を大事にするイメージがあります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

千鳥の2人が笑いに変えてくれる安心感
冠番組6本の千鳥、ゴールデン3本はフジ「実力だけじゃない」その理由
NEWSポストセブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
●1999年 女性セブン特写
上島竜兵さん「トークが上手くなったら終わり」リアクション芸人が残した名言
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
照ノ富士の一人横綱より深刻 大相撲「一人立行司」7年の異常事態
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
渋谷で行われたロシアによるウクライナ侵攻に抗議するパレードで、戦争反対を訴えるロシア人女性。数千人のさまざまな国籍や年代の人が参加した(時事通信フォト)
ロシアや東欧出身の女性たちが日本で「理不尽」に直面することが増えている
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン