ライフ

羽生善治50歳「昭和のアナログから今のAIまで体験できたのは幸運」

1996年に史上初となる七冠を達成した(写真/共同通信社)

1996年に史上初となる七冠を達成した(写真/共同通信社)

 現在の将棋界は、「4強」と呼ばれる4人の棋士が熾烈な覇権争いを繰り広げている。豊島将之竜王(叡王、31)、渡辺明名人(棋王・王将、37)、藤井聡太王位(棋聖、19)、永瀬拓矢王座(28)の4人だ。

 若手時代は先輩棋士をなぎ倒した者も、年齢を重ねれば若者の突き上げを食らう側になるのは勝負の世界の必定である。

 羽生も彼らに大舞台で負かされることが増えた。昨年、竜王戦七番勝負に出場したが、豊島竜王に1勝4敗で敗れた。今年に入って王位戦で挑戦者決定戦に進出して藤井王位への挑戦なるかと騒がれたが、再び豊島竜王に屈してタイトル戦出場はならなかった。羽生の成績も決して悪くはないのだが、若手のトップクラスに跳ね返されることが増えている。それでも、羽生は淡々とこう話す。

「競争の世界においては、新しい人や新しい考え方が出てくることは自然で健全だと思っています。それによって刺激を受けて、自分なりに新しいものを取り入れることが大事だと思っています」

 若手棋士たちはAIを使いこなし、効率よく勉強している。昔に比べて情報量は格段に増え、簡単に得られるようになった。羽生はそのことをどう感じているのだろう。若者をうらやましく思うこともあるのだろうか。

「うらやましいと思うことはないです。自分が経験できたことでよかった面もあるし、そうでない面もありますが、両面あるのはいつの時代でも同じなので。ただ世代や年代によって経験できた内容の違いは間違いなくあります。自分は昭和のアナログな時代から、テクノロジーが発達した現代までを体験できた。これは実はすごく幸運なことだったんじゃないかと思っています」

 いまは公式戦をリアルタイムで観戦できるが、昔は後日に将棋会館に出かけて棋譜をコピーするしか情報を得る手段がなかった。パソコンはないので手で盤に並べる。もちろんAIもないので、うんうん唸って自分の頭で考えるしかなかったが、だからこそ吸収できたものがある。アナログとデジタルの融合が、羽生の強さを支えてきたのかもしれない。

文/大川慎太郎(将棋観戦記者)
1976年生まれ。出版社勤務を経てフリーに。2006年より将棋界で観戦記者として活動する。著書に『証言 羽生世代』(講談社現代新書)などがある。

※週刊ポスト2021年8月20日号

関連記事

トピックス