芸能

関根恵子、水沢アキ、吉沢京子…1972年、アイドルたちは燃えていた

1972年、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返る(写真は吉沢京子)

1972年、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返る(写真は吉沢京子)

 第64代内閣総理大臣に就任した田中角栄の「日本列島改造論」が話題を呼んだ1972年、芸能界も新たな時代に突入していた。前年10月開始のオーディション番組『スター誕生!』から森昌子が『せんせい』で7月に歌手デビュー。9月の第4回決戦大会では、桜田淳子が史上最多の25社から獲得の意向を示された。スカウト組からは麻丘めぐみが花を咲かせ、『芽ばえ』で日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。アイドルブームを軌道に乗せた。

 一方、映画会社出身のスターがテレビドラマで大人の女優へ成長した年でもあった。大映の看板として一時代を築いた関根恵子は『太陽にほえろ!』で女性警官シンコ役を務め、『若大将シリーズ』のヒロイン役だった東宝の酒井和歌子は『飛び出せ! 青春』で先生役に抜擢され、好評を博した。新星が飛び出す中、着実に飛躍を遂げた女優陣の存在も忘れてはならない。

 今回紹介する女優たちが夏を満喫する写真はすべて、雑誌『近代映画』で撮影されたものだ。

 同誌は、終戦からわずか4か月後の1945年12月に創刊。映画が最大の娯楽の時代、スター俳優を表紙に起用し、1950年代後半に年間延べ10億人の入場者数を誇った映画産業の成長とともに、部数を伸ばしていった。だが、1960年代に入ると、映画に代わってテレビがメディアの王様に君臨。雑誌も路線変更を余儀なくされ、徐々にテレビドラマの扱いが拡大していく。1970年代にアイドルブームが巻き起こると、女優のみならず、天地真理や麻丘めぐみなど歌手の表紙も増加。映画誌からアイドル誌へと変貌を遂げた。

 1972年。あの時代、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返ろう。

◆吉沢京子(よしざわ・きょうこ)/1954年3月2日生まれ、東京都出身。1969年開始のドラマ『柔道一直線』、1970年からの東宝映画「16才シリーズ」で大人気に。1972年はマルベル堂のプロマイド年間女優ランキングで吉永小百合らを抑えて3位になった。

◆水沢アキ(みずさわ・あき)/1954年12月5日生まれ、東京都出身。1972年、TBSドラマ『夏に来た娘』でデビュー。1975年からNHK『連想ゲーム』に出演し、好評を得る。篠山紀信氏撮影の写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が発売中。

水沢アキ(みずさわ・あき)

水沢アキ

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン