芸能

関根恵子、水沢アキ、吉沢京子…1972年、アイドルたちは燃えていた

1972年、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返る(写真は吉沢京子)

1972年、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返る(写真は吉沢京子)

 第64代内閣総理大臣に就任した田中角栄の「日本列島改造論」が話題を呼んだ1972年、芸能界も新たな時代に突入していた。前年10月開始のオーディション番組『スター誕生!』から森昌子が『せんせい』で7月に歌手デビュー。9月の第4回決戦大会では、桜田淳子が史上最多の25社から獲得の意向を示された。スカウト組からは麻丘めぐみが花を咲かせ、『芽ばえ』で日本レコード大賞最優秀新人賞を獲得。アイドルブームを軌道に乗せた。

 一方、映画会社出身のスターがテレビドラマで大人の女優へ成長した年でもあった。大映の看板として一時代を築いた関根恵子は『太陽にほえろ!』で女性警官シンコ役を務め、『若大将シリーズ』のヒロイン役だった東宝の酒井和歌子は『飛び出せ! 青春』で先生役に抜擢され、好評を博した。新星が飛び出す中、着実に飛躍を遂げた女優陣の存在も忘れてはならない。

 今回紹介する女優たちが夏を満喫する写真はすべて、雑誌『近代映画』で撮影されたものだ。

 同誌は、終戦からわずか4か月後の1945年12月に創刊。映画が最大の娯楽の時代、スター俳優を表紙に起用し、1950年代後半に年間延べ10億人の入場者数を誇った映画産業の成長とともに、部数を伸ばしていった。だが、1960年代に入ると、映画に代わってテレビがメディアの王様に君臨。雑誌も路線変更を余儀なくされ、徐々にテレビドラマの扱いが拡大していく。1970年代にアイドルブームが巻き起こると、女優のみならず、天地真理や麻丘めぐみなど歌手の表紙も増加。映画誌からアイドル誌へと変貌を遂げた。

 1972年。あの時代、ファンの心をときめかせた女優たちを振り返ろう。

◆吉沢京子(よしざわ・きょうこ)/1954年3月2日生まれ、東京都出身。1969年開始のドラマ『柔道一直線』、1970年からの東宝映画「16才シリーズ」で大人気に。1972年はマルベル堂のプロマイド年間女優ランキングで吉永小百合らを抑えて3位になった。

◆水沢アキ(みずさわ・あき)/1954年12月5日生まれ、東京都出身。1972年、TBSドラマ『夏に来た娘』でデビュー。1975年からNHK『連想ゲーム』に出演し、好評を得る。篠山紀信氏撮影の写真集『AKI MIZUSAWA 1975-2020』が発売中。

水沢アキ(みずさわ・あき)

水沢アキ

関連記事

トピックス

大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
大ヒット中の映画『4月になれば彼女は』
『四月になれば彼女は』主演の佐藤健が見せた「座長」としての覚悟 スタッフを感動させた「極寒の海でのサプライズ」
NEWSポストセブン
国が認めた初めての“女ヤクザ”西村まこさん
犬の糞を焼きそばパンに…悪魔の子と呼ばれた少女時代 裏社会史上初の女暴力団員が350万円で売りつけた女性の末路【ヤクザ博士インタビュー】
NEWSポストセブン
華々しい復帰を飾った石原さとみ
【俳優活動再開】石原さとみ 大学生から“肌荒れした母親”まで、映画&連ドラ復帰作で見せた“激しい振り幅”
週刊ポスト
中国「抗日作品」多数出演の井上朋子さん
中国「抗日作品」多数出演の日本人女優・井上朋子さん告白 現地の芸能界は「強烈な縁故社会」女優が事務所社長に露骨な誘いも
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
学歴詐称疑惑が再燃し、苦境に立つ小池百合子・東京都知事(写真左/時事通信フォト)
小池百合子・東京都知事、学歴詐称問題再燃も馬耳東風 国政復帰を念頭に“小池政治塾”2期生を募集し準備に余念なし
週刊ポスト
(左から)中畑清氏、江本孟紀氏、達川光男氏による名物座談会
【江本孟紀×中畑清×達川光男 順位予想やり直し座談会】「サトテル、変わってないぞ!」「筒香は巨人に欲しかった」言いたい放題の120分
週刊ポスト
大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
ホワイトのロングドレスで初めて明治神宮を参拝された(4月、東京・渋谷区。写真/JMPA)
宮内庁インスタグラムがもたらす愛子さまと悠仁さまの“分断” 「いいね」の数が人気投票化、女性天皇を巡る議論に影響も
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン