芸能

梅宮辰夫さん、50年前の告白 華麗なる女性遍歴に隠された「色男の弱さ」

梅宮辰夫さんが50年前にした告白を振り返る(写真/共同通信社)

梅宮辰夫さんが50年前にした告白を振り返る(写真/共同通信社)

 今年で創刊52周年を迎えた『週刊ポスト』。1969年の創刊当初から始まった人気連載が『衝撃の告白』だ。銀幕の大スターや渦中の人物が赤裸々に語った証言はまさに“衝撃”の連続で、『週刊ポスト』の躍進に大きく貢献した。当時、彼らはどんな思いを吐露したのか。1971年6月18日号に登場したのは梅宮辰夫。甘いマスクでモテモテだった梅宮だが、プレイボーイと呼ばれることには葛藤があったという。当時の記事から梅宮の告白を振り返る。

「知っている女の数はよくわからないけど、百五十人ぐらいかな。でもおれはプレーボーイじゃないよ。この看板だけはなんとしてでも取りはずしたいと思っているんだ」

 日本大学法学部在学中の1958年に東映ニューフェイスに合格後、梅宮辰夫は取材時点で132本もの映画に出演していた。1968年から始まった『不良番長』シリーズが大人気となり、看板スターの座に君臨。1970年、山城新伍とのコンビで『夜遊びの帝王』が公開され、主題歌も担当。幾人もの女性との噂が持ち上がった梅宮について、『衝撃の告白』では3人が回想している。

 1968年12月に梅宮と結婚したものの、半年弱で離婚した銀座のクラブ『姫』のホステスだった大門節子は「別れた私が、歌手として歩みはじめ、マスコミでさわがれだす。スターの彼よりも脚光を浴びる。そのことに彼は耐えられない」と貶した。

 交際4年半で半同棲もした久保菜穂子は「私にとっては、学ぶところの全然なかった人ね。(中略)過去のある日、スーと通りすぎていった人という記憶だけが、かすかに残っているだけです」と言い切った。

 梅宮が最近惚れたという離婚歴のある松尾和子は「お酒の好きな私には、気がねなくつきあえる、かっこうの飲み友だちですわ」と恋愛対象外だと突き放した。

 女性遍歴を振り返りながら梅宮は自己分析を始めた。

「影の部分に魅かれながら、結局は、その影によっておれは押し潰されてしまっている。女はもっと弱いはずなのに、おれにすがろうとはしてくれない」

 そして、逃れられない心理に気付く。

「男のおれのほうがよっぽど弱いのかもしれない。別れた後で、おれはいつも『あの女、今ごろ何をしてるかな? 幸せにしているかな?』って思うんだもの」

 精神的に女性にのめり込むという梅宮は、意外にもセックスには淡白だという余計な告白も厭わなかった。

「いちどだけ枕もとに時計を置いてやったことがあるけど、二十分ももたなかったものな。税金のことなんか考えて気を散らしたけど駄目だった」

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン