芸能

天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話

名優・鶴田浩二さんの証言を振り返る(時事通信フォト)

名優・鶴田浩二さんの証言を振り返る(時事通信フォト)

 1969年に創刊された『週刊ポスト』。当初からの名物コーナーだったのが「衝撃の告白」。銀幕のスターや渦中の人物が赤裸々に語る証言はまさに“衝撃”の連続だった。1971年8月13日号で、名優・鶴田浩二が語ったのは人気女優との恋愛。当時の時代背景を考慮しつつ、鶴田の証言を振り返る。

「人間、長い人生のうちには、ときとして女房よりもすばらしいと思う女性にでっくわすことはありますよ」

 20歳の時、海軍少尉として終戦を迎えた鶴田浩二は1948年に松竹入り。翌年『フランチェスカの鐘』で主演に抜擢され、スターに成長していく。1952年に新生プロを興してヒット作を飛ばすも、1953年には襲撃事件に遭う。波瀾万丈な男は東宝、東映と渡り歩き、歌手として『傷だらけの人生』がヒットしていた頃、自らの半生を振り返った。

「二十年も前のことだけど、かつて彼女を愛したという記憶をふりすてることはできないな」

 鶴田は1951年6月公開の『獣の宿』で初共演した岸惠子の残像を消せなかった。

「オレにはすでに将来を約束した女性がいた。中尾照子という松竹の新人女優、そう、いまの女房ですよ」

 1950年に『エデンの海』で照子と出会った鶴田は結婚を約束。彼女は女優を辞め、実家に帰って正式なプロポーズを待った。その頃、絢爛豪華な岸が現われたのだ。

「会社からはオレと岸くんとの間にいろんな妨害の手ものびましたよ」

 松竹が売り出し中の俳優を結ばせるわけもない。鶴田は正直な心情を吐き出す。

「当時のオレは、はっきりいって照子より岸くんのほうをより愛していたのかもしれない。が、結局は岸くんとは結ばれなかった。別れたんです。これは、映画会社のもろもろの工作というよりは、オレ自身の心の結着でしたよ」

 岸は松竹所属ながら、独立した鶴田の『弥太郎笠』『ハワイの夜』に出演し、波紋を呼んだ。彼女は後年、鶴田との関係を回顧している。

「清らかにお付き合いが始まり、清らかに終わったという感じです。私が新橋の店であつらえた純金のネックレスをおそろいで付けていたんですが、ある日、私が知らなかった事情を知らされ、もうお別れしようと心に決めました。自分で身を引いたんです。最後は橋の上から泣きながら、純金のネックレスを川に投げ捨てたんですよ」(2021年6月4日・日本経済新聞電子版)

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト