芸能

天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話

名優・鶴田浩二さんの証言を振り返る(時事通信フォト)

名優・鶴田浩二さんの証言を振り返る(時事通信フォト)

 1969年に創刊された『週刊ポスト』。当初からの名物コーナーだったのが「衝撃の告白」。銀幕のスターや渦中の人物が赤裸々に語る証言はまさに“衝撃”の連続だった。1971年8月13日号で、名優・鶴田浩二が語ったのは人気女優との恋愛。当時の時代背景を考慮しつつ、鶴田の証言を振り返る。

「人間、長い人生のうちには、ときとして女房よりもすばらしいと思う女性にでっくわすことはありますよ」

 20歳の時、海軍少尉として終戦を迎えた鶴田浩二は1948年に松竹入り。翌年『フランチェスカの鐘』で主演に抜擢され、スターに成長していく。1952年に新生プロを興してヒット作を飛ばすも、1953年には襲撃事件に遭う。波瀾万丈な男は東宝、東映と渡り歩き、歌手として『傷だらけの人生』がヒットしていた頃、自らの半生を振り返った。

「二十年も前のことだけど、かつて彼女を愛したという記憶をふりすてることはできないな」

 鶴田は1951年6月公開の『獣の宿』で初共演した岸惠子の残像を消せなかった。

「オレにはすでに将来を約束した女性がいた。中尾照子という松竹の新人女優、そう、いまの女房ですよ」

 1950年に『エデンの海』で照子と出会った鶴田は結婚を約束。彼女は女優を辞め、実家に帰って正式なプロポーズを待った。その頃、絢爛豪華な岸が現われたのだ。

「会社からはオレと岸くんとの間にいろんな妨害の手ものびましたよ」

 松竹が売り出し中の俳優を結ばせるわけもない。鶴田は正直な心情を吐き出す。

「当時のオレは、はっきりいって照子より岸くんのほうをより愛していたのかもしれない。が、結局は岸くんとは結ばれなかった。別れたんです。これは、映画会社のもろもろの工作というよりは、オレ自身の心の結着でしたよ」

 岸は松竹所属ながら、独立した鶴田の『弥太郎笠』『ハワイの夜』に出演し、波紋を呼んだ。彼女は後年、鶴田との関係を回顧している。

「清らかにお付き合いが始まり、清らかに終わったという感じです。私が新橋の店であつらえた純金のネックレスをおそろいで付けていたんですが、ある日、私が知らなかった事情を知らされ、もうお別れしようと心に決めました。自分で身を引いたんです。最後は橋の上から泣きながら、純金のネックレスを川に投げ捨てたんですよ」(2021年6月4日・日本経済新聞電子版)

関連キーワード

関連記事

トピックス

約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
「子どもが生まれた」の報告に対して言ってはいけないセリフ5
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン