芸能

天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話

 1955年11月21日に鶴田と照子は挙式を行ない、岸もその2年後にフランス人映画監督と結婚した。

「彼女を愛した、その記憶は消すことはできませんよ。(中略)だけどね、女房からすれば、これは“思い出”などという、なまやさしい感傷じゃないですね。やはり一生、心から消えない“傷”だろう」

 長女の愛弓が家庭での出来事をのちに綴っている。

「アルコールが入って口が軽くなっていた父が、母がその場にいるのを忘れて、私に向かって、『お前は岸惠子に似てるな』と口を滑らせてしまい、母の気分をひどく害したことがあった」(『新潮45』1999年12月号)

 懺悔の心情を滲ませる独白には哀愁が漂っていた。

「すべて、オレの責任なんだ。だからできるだけ彼女の心の傷を癒してやりたい」

 鶴田は岸への郷愁を持ちながら、妻を愛した。62歳の1987年に肺がんで死去後、隠し子騒動も勃発したが、十三回忌法要の時に照子夫人は感謝を述べている。

「いろいろあっても、きちんと私の方を向いてくれていた。楽しい誠実な人。私が悩むようなことはなかった」

 妻の言葉に、鶴田は救われたはずだ。

構成・文/岡野誠

【※本特集では現在の常識では不適切な表現が引用文中にありますが、当時の世相を反映する資料として原典のまま引用します】

※週刊ポスト2021年8月27日・9月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

NHK桑子真帆アナの魅力とは(写真/ロケットパンチ)
NHK桑子真帆アナ、どの番組でも一貫する信念「わからないことは『わからない』と言う」
週刊ポスト
弘中綾香アナ(2019年)
弘中綾香アナ 電撃婚の「資産15億円社長」と育んだ「マンション同フロア恋愛」
NEWSポストセブン
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い
女性セブン
両陛下のファッションはイタリアの新聞社から絶賛された(GettyImages)
エリザベス女王国葬、弔意を届けた「喪服姿のトップレディたち」その注目ファッション
女性セブン
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さんが「サライを熱唱」し「超能力を披露」した六本木の夜
NEWSポストセブン
エリザベス女王(写真/GettyImages)
晩年のエリザベス女王「お元気ですか」の質問に笑顔で返したユーモア溢れる答え
女性セブン
好きな女性アナで3連覇を果たしたテレビ朝日の弘中綾香アナ(写真/ロケットパンチ)
弘中綾香アナ、結婚相手は同い年のベンチャー企業社長だった「資産約15億円」「小栗旬似のイケメン」
NEWSポストセブン
熱愛が発覚した玄理と町田啓太
町田啓太と女優・玄理の交際、ファンをモヤつかせていた「お揃いルック」の数々
NEWSポストセブン
渡辺達生氏が撮影した三遊亭円楽さんの寿影
逝去の三遊亭円楽さん、4年前に撮影していた「遺影」ならぬ「寿影」
NEWSポストセブン
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
逆風だらけの国葬に安倍昭恵さん放心状態 地元山口での「県民葬」も新たな火種に
女性セブン
イギリスではつつがなくお務めを果たされた(9月、イギリス・ロンドン。写真/共同通信社)
雅子さま、異例のエリザベス女王国葬参列 訪英実現しなかった紀子さまの複雑な思い
女性セブン
渡辺社長が乗ったベントレー(SNSで拡散されている動画より)
《てめぇ、なに曲がってきたんだよ》ベントレーで逆ギレ交通事故の老舗和菓子「船橋屋」社長、職人8割辞めた強引経営の過去
NEWSポストセブン