芸能

伊藤淳史が主演ドラマで感じた“正義のジレンマ” 子育てでも経験

ドラマ収録中の第3子誕生エピソードを語ってくれた(撮影:小倉雄一郎)

ドラマの問題提起は身近なところにも(撮影:小倉雄一郎)

 8月22日から放送が開始するドラマ『白い濁流』(NHKBSプレミアム)で、主人公・好並一樹役を演じている俳優の伊藤淳史(37)。ドラマを通じた問題提起や私生活における子育ての小さな悩みなどについて本人が語った。

『白い濁流』は薬品開発をめぐる研究者らの葛藤を描いた社会派エンタテインメント作品。伊藤淳史演じる主人公の研究者・好並一樹が“ある画期的な発見”をしたことをきっかけに、研究者仲間で親友の柏木航(桐山漣)とともに止むを得ず不正に加担。それを主人公の幼馴染でもある新聞記者・河原智子(佐々木希)に知られてしまい、3人の人間関係が変化していくという物語だ。

 ドラマ制作開始時に寄せたコメントで、伊藤淳史は「すごく面白いストーリーであると同時にもし自分だったらと深く考えさせられました」と語っていた。具体的にどのような思いを抱いたのだろうか。

「自分が同じ状況に置かれることはほとんどない役柄だったので、自分の経験に置き換えたわけではないんですけど、『もし仮に自分が一樹と同じ立場になったらどうしよう』と考えました。大多数の人にとっての幸せは大事ですけど、それがごく一部の人にとって害になる可能性があった時に、僕だったらどうするべきだろうと。ほぼ全ての人を助けることができるけれど、中には被害を被る人もいる。それを選択しなければならない状況に自分が置かれたらどっちを取るべきなのか、すごく考えさせられるなと思って。

 今回僕が演じた一樹の場合は、テレビでオンエアされたら自分が嫌われるかなと思うぐらい、最低な人間として演じました。けれど一樹がそういうことをしてしまうのはちゃんと理由がありますし、ブレない正義感があってのこと。自分が築いてきた正義を貫くために最低なことを言ってしまう。とてもやりがいがある役柄でもあるので、台本に書かれている以上に酷く冷たい男として演じました。

 一樹はただの悪じゃないんですよね。いわば“正義のための悪”で、僕自身はこれまではあまり悪役を演じた経験はなかったんですが、社会の濁流に飲み込まれて現実を突きつけられた時に悪い方に行ってしまう、そういう人間をどう表現しようかとすごく考えました。一樹が酷い言葉を投げかけるシーンを撮り終わって帰る時に、共演している西村まさ彦さんに『楽しいでしょ? すんごい楽しそうな目をしているよ』って言われて、西村さんには全てお見通しというか(笑)、そのぐらいの思いでやりがいを感じながら取り組んだんです」

(写真提供:NHK)

製薬会社社長(西村まさ彦)から持ちかけられた相談とは…(写真提供:NHK)

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン