芸能

伊藤淳史が主演ドラマで感じた“正義のジレンマ” 子育てでも経験

(撮影:小倉雄一郎)

『白い濁流』のテーマと私生活での経験を絡めて語った(撮影:小倉雄一郎)

 有名な“トロッコ問題”を彷彿させるジレンマだが、もちろん単なる思考実験の世界だけの話ではない。日常生活でも似たようなジレンマに遭遇することは多々あるはずだ。伊藤淳史は子供と接する際に、“正義のための悪”と似たような場面に遭遇して良心の呵責を感じることもあるという。

「例えば公園で娘が滑り台の順番に並んでいると、たまに知らない子が割り込んでくることがあるんですよね。全然関係ない子供なので僕が直接怒る筋合いもないですし、でも順番を守らなきゃいけないということは伝える必要があると思うので、そういう時は娘に『滑り台の順番はちゃんと守ろうね!』って少し大きめの声で言ったりします。するとその知らない子がちゃんと後ろに回って並んでくれることがある。

 ただ、娘から『ねえパパ、なんで順番を守ってない子に注意しないの?』と言われることもあって、そうするとなかなか答えられないんですよね。そういう時は『パパは順番を守ってくれる子が好きだよ』と言うんですけど、答えになってないじゃないですか。本当は順番を守らない子を注意すべきかもしれないので。そういうことで日々悩んだり、しっかりと説明できないことで罪悪感を抱いてしまったりすることがあります」

 ドラマが提起する問題は、身近なところにも潜んでいる。伊藤淳史が続ける。

「今回の作品では食品添加物のアレルギーの話が出てくるんですが、食べ物をはじめ生活を取り巻く色々な場面で危険が潜んでいるということは、自分が親になってより肌身に感じるようになりました。食べ物が原因で蕁麻疹が出てしまうこともあるし、公園で遊んでいたら怪我をすることもあるし、そういう食や環境の安全性はとても大切だなと。やっぱり人間は絶対に何かを食べないと生きていけないですから、どういうものを食べるのが子供にとって良いことなのか、そういう部分も今回の作品を通じて考えるようになりました。

 それと、今はコロナ禍で世の中がとても大変な状況にありますが、そうした状況だからこそ、ドラマを観る時間はドラマの世界にどっぷりと浸かって欲しいと思っています。僕らもこれ以上ないくらい緊張感を持って感染症対策に取り組みながら撮影を行ったので、コロナ前に比べると『制限がある中で、それぞれの持ち場で100点以上を目指そう』という意識がより高まっていると思いまし、ぜひドラマを楽しんでいただけたら嬉しいです」

『白い濁流』はコロナ禍における日常生活をあらためて見つめ直すきっかけにもなりそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)

ドラマでは薬学を志す研究者・好並一樹を熱演(写真提供:NHK)

ドラマでは薬学を志す研究者・好並一樹を熱演(写真提供:NHK)

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン