芸能

長瀬智也、インスタフォロワー激増に戸惑い「悲しく思うことがある」

沈黙を破った長瀬智也

沈黙を破った長瀬智也。友人とカフェで話す(今年6月)

 昨年3月末をもってTOKIOを脱退し、ジャニーズ事務所も退所した長瀬智也(42才)。最後の主演ドラマ『俺の家の話』(TBS系)の放送が3月に終了し、表舞台から姿を消したが、いま、彼のファンにとっては“逆転現象”が起きている。長瀬は4月にインスタグラムを開設。友人とバイクでツーリングしたり、釣りを楽しんだり、ギターを弾き語ったりとプライベートの姿が次々と公開されているのだ。

「TOKIOとして活動していた頃よりも、ファンは長瀬さんを身近に感じ、さらに彼に注目が集まっていますよ。昨年、退所を発表したときは“裏方としてゼロから新しい仕事の形を作り上げていく”とされていましたが、現在の彼は何者なのか? いい表現が見つからない(笑い)。ファンにとってはうれしい誤算かもしれませんが」(芸能関係者)

 長瀬の“露出”はインスタグラムに留まらない。この7月上旬、セレクトショップの折り込みチラシにモデルとして登場。久々に表舞台に登場し、話題を呼んだ。さらに8月末に発売されるバイク雑誌の表紙も務める。彼の職業はいったい何なのだろうか──昨年、TOKIOの3人が『女性セブン』(2020年8月13日号)のインタビューに応じ、松岡昌宏(44才)はこう代弁していた。

「(長瀬の今後については)われわれの口からは何とも言えないのですが……本人曰くですよ、何かをするということではなく、いままで培ってきたものを表現したいと。それが何なのか彼の中で決まっていないそうです」

 いま、長瀬のインスタグラムのプロフィール欄には「表現者」と綴られている。彼はこれからどこへ向かおうとしているのか──。

 長瀬は6月に雑誌『日経エンタテインメント!』が発表した「タレントパワーランキング2021」で15位になっている。表舞台から去っても、いまだにその人気は絶大だ。だが、その“タレントパワー”を使うことには否定的だ。日本各地を豪雨が襲った8月中旬の昼過ぎ、都内のある施設から姿を現した長瀬を直撃した。

「俺は、芸能プロダクト的な考えはもう一切ない。いままでは事務所にいたから、ジャニーさんのやり方でやらせていただいていたけど、30年間いさせてもらって、いろんなことを勉強させてもらったからね。できることをやっていけたらな、っていう話です」

 インスタグラムでは最近、バイクレースに参戦したことを報告。長瀬が描く「未来」は、バイクやスケボー映画など、彼が触れてきたものを、より世間に広めていく活動にあるのかもしれない。しかも、いわゆる芸能ビジネスとは一線を画すやり方で。一方で、いまだに長瀬には多くのファンがいるのも事実。ありがたい半面、ジレンマに感じることもあるという。

「俺のインスタグラム、いまとなっては、すごいフォロワー数になってしまったけど正直、個人的にやってたつもりだったんですよ……。

 でも、世間の皆さんがそういうふうに受け取ってないから。ご覧の通り、ありがたいことだけど。フォロワーがすごい増えてきちゃって。個人的なインスタグラムじゃなくなってきてしまったのね。その辺は、もちろん、わきまえているつもりですけど。でも、悲しく思うことがやっぱりあるんですよ」

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン