国内

青島幸男さん 庶民の政治意識を変えた“超マルチタレント”の心意気

青島幸男さんが登場した過去の『週刊ポスト』の記事を振り返る(時事通信フォト)

青島幸男さんが登場した過去の『週刊ポスト』の記事を振り返る(時事通信フォト)

 1969年の『週刊ポスト』創刊当初から始まった連載『衝撃の告白』。銀幕の大スターや渦中の人物が赤裸々に語った証言はまさに“衝撃”の連続で、『週刊ポスト』の躍進に大きく貢献した。当時、彼らはどんな思いを吐露したのか。週刊ポスト1971年9月17日号に登場したのは青島幸男の記事を振り返る。幅広いジャンルで才能を発揮した青島が自由奔放に語った。

「おれだって、女性関係がないことないよ。(中略)子どもつれてめし食いに行ってるのに、となりに来た女の子と約束ができちゃって、その翌日どっかへ泊まりに行っちゃったりね」

 作詞をすれば『スーダラ節』『明日があるさ』などのヒット曲を連発し、脚本を書けば『シャボン玉ホリデー』という長寿番組を生み、俳優としても『いじわるばあさん』で高視聴率を獲得。“超マルチタレント”の青島幸男は1968年の参院選の全国区に無所属で出馬し、120万票を獲得して初当選。1971年に4年目を迎えていた。

「国会議員になったって、おれは全然かわらないよ。女性関係もそうさ。すぐお嬢さんくどいたり」

 結婚14年目の突然の告白かと思いきや、美千代夫人は浮気を公認していた。

「ええ、よく知っていますよ。くわしくね。だってあの人が得意げに話してくれるんですもの。私その話を聞くのがおもしろくて……」

 同年、青島は物議を醸していた。自民党が財界から多額の政治献金を受け取っているとして、1971年3月29日の参院予算委員会で佐藤栄作首相に「総理は財界の提灯持ちで、男メカケ」と発言。政治資金規正法の改正に曖昧な態度を取る首相に痛烈な皮肉を浴びせた。

「生命に別状あっても、やらなきゃいかん」と覚悟を決めた青島は生命保険1億円を掛け、当日は体にさらしを巻いて、「刺されて生きて帰れないかもしれない」と自宅を出た。無事帰宅すると、150件以上の激励の電話が鳴り響いた。彼は足元を見失っていなかった。

「“佐藤は男メカケ”ぐらいのこと、床屋やフロ屋でいってるのは、いくらだっているよ。おれは、人気者の青島さん、という虚名みたいなもんで議員さんになってるわけだ。(中略)フロ屋の政治意識を国会に持ち込む役割もある」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト