国内

10代以下の感染者数は4週で6倍超 新学期開始で学校クラスターの懸念

これからを生きる若者が「今、選択すべきこと」は何か(イメージ。時事通信フォト)

新学期にクラスター発生の懸念(イメージ。時事通信フォト)

《変異ウイルスで「子供も重症化」学校があぶない》。5月中旬、『女性セブン』はそう題したレポートを掲載した。当時、日本で猛威を振るっていた新型コロナウイルスは、「英国株(現在はアルファ株と呼ばれる)」。国立感染症研究所によると、首都圏の新規感染者の約90%、大阪のほぼ100%が英国株だった。

 子供は感染しにくい、感染しても重症化しないとされた「従来株」に比べ、「アルファ株」では入院せざるを得ない子供の患者が3~4倍になったという医師の見解を報じた。それでも、重症化する数はたしかに少なかった。

 記事中では、いまに国内でも「インド株(現在はデルタ株と呼ばれる)」が広まるだろう。そのときには、いまよりもさらに子供の感染が拡大する──そう警鐘を鳴らした。当時、日本ではまったく感染例はなかったが、インドを席巻し、欧米の一部で広まりかけていたデルタ株の感染状況の分析を踏まえたものだった。

 だがそのころ、国内では「夏休みに入れば、子供へのまん延は止まるだろう。そのうちワクチンでコロナは収束する」という楽観論が大半だった。 

 それから、たった3か月──科学者と政治家は、「変異」の恐ろしさを完全に見誤っていた。8月下旬現在、デルタ株は完全にアルファ株を駆逐し、都内の新規感染者の9割以上を占めるようになった。そして、日本の感染者数は過去最大ペースで推移し、その中には子供も多く含まれるようになった。医療体制もパンクしかけている。

 振り返れば、パンデミック初期には、ウイルスの突然変異は大きな問題にならないとされていた。だが昨秋、感染力の強いアルファ株が出現して、世界で感染者が急増。次のベータ株は若年層を重症化させ、その次のガンマ株は回復者にも感染した。それでも「ワクチンさえ打ったら……」という見通しが一般的だった。「そのうちに集団免疫ができるはず」という甘い期待もあった。

 そんな人類を出し抜いたのが、恐ろしいスピードで感染するデルタ株だった。デルタ株が子供や若者を重症化させやすいのかどうかははっきりしない。ただ、統計上は明らかに若年層の重症者は増えている。それまでの変異株が高齢者を“狙い撃ち”にした一方、デルタ株は子供たちにまん延しやすいタイプである恐れがある。実際、そうした例は過去にもあり、1910年代末に流行したスペイン風邪で重症化したのは、若者が多かった。

年齢が低いほどウイルスをバラ撒く

 夏休みの延長や臨時休校で、新学期のスタートを遅らせる学校が出始めている。東京都調布市の市立小・中学校は9月5日まで、多摩市は8月31日まで夏休みを延長し、日野市は29日まで休校する。神奈川県でも横浜市、川崎市、相模原市、大和市の4市が、市立学校を8月31日まで臨時休校か夏休みを延長することを決めた。オンラインでの授業を検討する自治体も少なくはなく、リスク回避の動きが広がっている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン