芸能

田原俊彦、コロナ禍で客席静かなライブでも「なんてことない」と言えるワケ

田原俊彦「1980年代アイドル」ならではの底力とは

田原俊彦「1980年代アイドル」ならではの底力とは

 昨今のコンサートや舞台では、新型コロナウイルス感染症対策のため、観客は声を上げられないケースがほとんど。演者は、マスクで口元を覆った無表情の人たちに見詰められながら、自らのパフォーマンスを披露しなければならない。非常に難しい環境だろう。

 そんな反応の薄いコロナ禍ライブでも、今年還暦を迎えた田原俊彦は以前と変わらない動きと喋りを続けている。8月21日、新型コロナウイルス感染拡大防止のガイドラインに沿って千葉・市原市民会館で行なわれた全国ツアー初日公演の最初のMCでこう話した。

「僕はテレビで育った人間ですから、(客席が静かでも)なんてことはないです」

 田原がデビューしてスターに成長していった1980年代、テレビでは毎日のように音楽番組が放送されていた。『レッツゴーヤング』(NHK)や『歌のトップテン』(日本テレビ系)のように客を入れる公開収録もあったが、『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)や『ザ・ベストテン』(TBS系)などスタッフしかいないスタジオで歌うことも多々あった。

『夜のヒットスタジオDELUXE』の司会を1985年10月から務めた古舘伊知郎は今年7月12日更新のYouTubeチャンネルで、番組の本番前にディレクターが分厚い台本でADの頭を引っ叩き、出演者やスタッフの空気がピリッと締まったことなどを明かしている。つまり、当時のアイドルは笑えない状況を目の当たりにしながらも、自分の出番になれば切り替えて笑顔を見せたり、曲に入り込んだりしていたわけだ。

 1980年代後半にゴールデン帯の歌番組が続けざまに終了し、ヒットすれば毎週歌えるランキング番組もなくなったが、1980年代前半の田原のテレビ番組への出演回数は圧倒的だった。当時のVTRや新聞のテレビ欄などを参照しながら調べたところ、田原はデビュー3年目の1982年には362本の番組に出演している(再放送除く。拙著『田原俊彦論 芸能界アイドル戦記』巻末資料より)。

 さらに、今では考えられない環境で歌うことも多数あった。1983年3月31日、田原は『ザ・ベストテン』で『ピエロ』が2位にランクイン。岡山・倉敷でのコンサートを終えて新幹線で帰京中だったため、名古屋駅に停車する2分を使って車内で歌った。スタジオと中継が繋がると、司会の黒柳徹子はこう畳み掛けた。

関連キーワード

関連記事

トピックス

松任谷由実の母が102才で逝去
松任谷由実がラジオで初告白、母親が102才で大往生していた さまざまな舞台を見せてくれた“英才教育”への感謝、母に思いをはせて作った楽曲も
女性セブン
人権擁護の牽引役になるべき自治体内部で起きた差別という問題(時事通信フォト)
《スクープレポート》封印された大阪市職員「部落差別発言」 内部報告書を入手、問題の核心に迫る
週刊ポスト
7月16日からスタートするドラマ『南くんが恋人!?』(番組公式サイトより)
《30年前のブーム再燃なるか》令和の今夏、『南くん』が復活した事情と男女逆転版ドラマとなった背景
NEWSポストセブン
2人の“対立構造”が生まれたのは、ちょうど40年前のことだった(写真/女性セブン)
【1984年の聖子と明菜】松田聖子『瞳はダイアモンド』に中森明菜『北ウイング』が対抗、メディアが生んだ対立軸
週刊ポスト
戸塚純貴の魅力的な素顔とは
『虎に翼』“#俺たちの轟”も大好評、戸塚純貴が愛される理由 工藤静香のMVではKoki,と共演
女性セブン
Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン