芸能

岡田健史、所属事務所との決死の裁判で「完敗」和解【コメント全文掲載】

岡田健史

所属事務所との契約解除を求め申し立てをし、和解となった岡田健史

 俳優の岡田健史(22才)が所属事務所との専属契約解除などを求め、裁判所に申し立ててから、約5か月。8月31日に和解という形で終結を迎えたと、同日所属事務所が文書で発表した。
 
 岡田は、専属契約の解除と本名での芸能活動を求めて争いを起こしていた。各メディアがこの“独立裁判”に触れ、「低賃金で仕事も選べない”奴隷契約”を結ばされていた」と事務所側の責任を追及するものから「注目作品に出始めてから岡田の撮影現場での態度が変化した」と、岡田の横暴ぶりを報じるものまであった。
 
 今回の事務所発表の文書によると、岡田の訴えが取り下げられる形での和解となっており、実質的には岡田が敗れたことになる。これにより、岡田は当初からの契約通り、2023年3月31日までは所属事務所との契約が続くことが決まった。芸名「岡田健史」としての活動も続く。
 
 以下は、所属事務所が発表したコメントと岡田のコメント、その全文である。
 
 * * *
 
「弊社及び弊社所属タレントとの仮処分における和解成立のご報告」

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

2021年4月1日に、弊社所属タレント岡田健史が弊社に対し、弊社とのタレント専属契約に基づく契約上の義務について、労働基準法に照らし、その義務がない地位にあることを仮に定めることを求めた仮処分命令申立の件につき、本日、和解をもって円満に解決したことをご報告申し上げます。岡田健史は専属契約が同契約に定める契約終了日まで有効に存続することを同意しました。また、弊社及び岡田健史は同契約の更新がないことを了解いたしました。

以上のとおり、岡田健史は、当初の契約期間どおり2023年3月31日まで弊社所属タレントとして引き続き「岡田健史」として活動してまいりますので、今後の活躍を見守って頂きますよう宜しくお願い申しあげます。

2021年8月31日
株式会社スウィートパワー

応援してくださる総ての方々へ

日頃より多大なご支援を頂戴し誠にありがとうございます。
今後もこれまで同様に全力を尽くしたいと考えております。皆様におかれては、引き続きご支援を賜りますようどうかよろしくお願い申し上げます。

2021年8月31日
岡田健史

関連キーワード

関連記事

トピックス