国内

「異物混入ワクチン」スペイン工場を現地取材 PR担当者まさかの対応

工場は、まるで何事もなかったかのように静かだった

工場は、まるで何事もなかったかのように静かだった

 モデルナ社はアメリカの製薬会社だから、ワクチンも「米国製」だと思っていた人は多い。だが実際に製造していたのは、スペインの郊外にある下請けメーカーの工場。しかも、「米国向け」と「それ以外の国向け」に作り分けられていた──不審は頂点に達している。異物混入ワクチンを日本中にバラまいた工場の実態を、独占現地レポート。

 スペインの首都・マドリードから北へ18kmほど向かった街のはずれ。殺風景な工業団地の幹線道路に面した一角に、その工場はあった。ゲート横の壁面と正面の建物には、「ROVI」というロゴがそびえる。8月末の早朝、フェンスで囲まれた敷地内に多くの従業員が吸い込まれていった。そこは現在、日本を大きく騒がせている異物混入ワクチンを製造する工場だ。現地在住の日本人が語る。

「日本での出来事はスペインでも話題になり、モデルナ製ワクチンを委託製造した製薬会社の株価は急落しました。その会社は急きょ声明を発表し、現在は原因究明の調査を行っているそうです」

 前代未聞の異物混入はなぜ起こったのか。本誌・女性セブンが現地の工場に潜入すると、従業員が重い口を開いた──。

 日本人の生命を守るはずの新型コロナワクチンに異物が混入しており、一部の接種を取りやめる──厚生労働省がそう明らかにしたのは、8月26日だった。

「モデルナ製のワクチンに異物が混入しているとの報告があり、一部の接種を中止するとのことでした。異物は磁石に反応する金属で、大きいもので数ミリ程度あり、製造過程で入ったとみられます。これらのワクチンはモデルナ社が委託するスペインの工場で製造されたもので、7月下旬以降に国内に輸送されていました。

 報告を受けた厚労省は、製造番号や製造工程が同じ3つのロット(同じ規格で作られたひとつのまとまり)、計163万回分の接種を取りやめると発表しました。しかしその後、163万回分のワクチンが全国863の会場に配送されていて、50万回分がすでに接種済みだったことがわかり、騒動がさらに拡大しました」(全国紙社会部記者)

 米モデルナ社のワクチンだから、「米国製」で安心できる──そう思っていた日本人も多いだろう。今回の異物混入騒動で、実際にはスペインの下請けメーカーで製造されていたと知って驚いた人も少なくないはずだ。異物混入が報じられると、問題のワクチンと同じロット番号を接種した著名人が続々と名乗りを上げた。

「ぼくもその該当する番号なんです」

 8月28日、テレビ情報番組でそう明らかにしたのは歌手の西川貴教(50才)。職域接種で該当するワクチンを打ったが、その後は体調に異変は生じていないと語った。タレントの益若つばさ(35才)は、自身のツイッターで《!!?当たってしまいました…元気です。》と告白し、アルピニストの野口健さん(48才)も、《Lot番号、ビンゴ…。》とつぶやいた。何より気になるのは、健康への影響だ。

関連キーワード

関連記事

トピックス