西川も当たってしまった

西川も当たってしまった

「異物混入はワクチン製造においてまれに発生しますが、重大な違反につながる可能性があり、きちんとした調査が必要です。特に今回は日本の目が届かないスペインの工場で製造したので、管理体制に不安が残ります」

 すべてのカギはスペインの工場が握っている。そこで『女性セブン』取材陣は現地を取材した。

PR担当者がまさかの対応

 異物混入ワクチンは、モデルナ社が委託するスペインの製薬会社「ラボラトリオス・ファルマセウティコス・ロビ(以下、ロビ社)」の工場で製造された。ロビ社は1946年に設立された製薬会社で、血栓などを防ぐ抗凝固薬ヘパリンを主力製品とする。ほかの製薬会社からの委託製造も主要な事業であり、米メルク社やスイスのノバルティス社などからライセンス提供を受け、複数の医療用医薬品を製造・販売する。

 今年4月、ロビ社はモデルナ製ワクチンの製造委託契約を結び、年間12億〜14億回分のワクチンを製造するようになった。別の工場で製造された、米国向け以外の新型コロナワクチンをバイアル(小瓶)に充填する作業を行ったのが、異物混入が発生したと思われる「マドリード・サン・セバスチャン・デ・ロス・レイエス工場」であり、ロビ社は声明で同工場の製造ラインに問題があった可能性を認めている。

 8月30日早朝、現地在住の『女性セブン』取材スタッフはマドリード郊外にある、この工場を訪れた。面積は想像していたより狭く、小ぶりなショッピングモールほどの敷地内に低層のコンクリート建ての工場がある。工場というより、研究所のイメージといった方がわかりやすいかもしれない。

 周辺に歩行者の往来はほとんどなく、車が行き来するのみ。幹線道路の壁にはスプレーで落書きがされていて、どことなく劣悪な印象を受ける。現在、その工場で働く従業員は約140人で、2022年までに年間30億回分のワクチン製造が見込まれている。午前8時が近づくと、従業員の運転する車が続々と工場に吸い込まれていく。始業時間が迫っているようで、ほとんどの車がスピードを落とすことなくゲートを通過する。

 唯一、歩いてゲートへ向かう30才前後の男性従業員に声をかけた。挨拶を交わして異物混入について尋ねると、最初は親切そうだった男性の表情が一変する。

「ぼくはまだ働き始めて2か月なので、建物のなかの受け付けで聞いてくれ」

 そう早口で告げられた。彼の言葉に従ってゲートを抜けて建物の方に向かうと、50才くらいの女性の守衛が駆け寄ってきて、「どんな御用ですか」と尋ねてきた。

「異物混入事件について、お話を伺いに来た日本のメディアのスタッフです」

 そう答えると守衛は驚いた表情を浮かべつつ、「担当者を探してくるから、ちょっとここで待ってて」と笑顔を見せ、建物内に向かった。5分ほどでその守衛が戻ってくると、「PR担当が不在だからここに電話して」と担当者の名前と電話番号、メールアドレスを記したメモを渡された。

 だが、その番号に何度もかけるがつながらず、困っていると柔和な女性の声で折り返しがあった。だが、「日本のメディアのスタッフ」を名乗った瞬間、受話器の向こうにいる女性は何も言わずに電話をガチャリと、突然切った。

関連キーワード

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン