芸能

米倉涼子、コロナ描く『ドクターX』新作は「マスク越し演技」に注目

米倉涼子の代名詞となった『ドクターX』も今年で記念すべき「10年目」に突入

『ドクターX』も今年で記念すべき「10年目」に突入

 この秋、米倉涼子(46)主演の大ヒットドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)が約1年半ぶりに帰ってくる。2012年10月に第1シリーズが放送され、10月にスタートする第7シリーズで記念すべき「10年目」に突入する。

『ドクターX』は米倉演じる孤高の天才外科医・大門未知子が、権謀術数の渦巻く日本最高峰の大学病院「東帝大学病院(東帝大)」で自らの手技を武器に難病患者を救っていく痛快医療ドラマ。「私、失敗しないので」という名セリフはドラマの代名詞となった。

 第7シリーズの設定はずばり“コロナ禍”を想起させるもので、100年に1度のパンデミックが発生して医療崩壊が起きてしまった世界を描く。未曾有の“異常事態”のなか東帝大に舞い戻った未知子は、「外科より感染症治療と内科優先」に姿を変えた東帝大で奮闘していく。西田敏行(73)や岸部一徳(74)といった個性溢れる常連キャストのほか、今シリーズでは民放連ドラ初出演となる野村萬斎(55)の出演も発表された。野村は新たに未知子の前に立ちはだかる「内科部長」の役を演じる。

 まさに現実社会における課題と正面から向き合おうとしているように見えるが、芸能評論家の三杉武氏は「テレ朝は思い切った設定で勝負してきた」と語る。

「コロナ禍に入ってからも、安定した視聴率が狙える医療ドラマは数多く制作されてきました。現在も鈴木亮平(38)主演のTBS系日曜劇場『TOKYO MER~走る緊急救命室~』や波瑠(30)主演の『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)が放送中ですが、どちらも“コロナのない世界”という設定で進められています。

 7月に放送された小泉孝太郎(43)主演の『病院の治し方~スペシャル~』(テレ東系)がコロナ禍のなかでの奮闘を描き、防護服に身を包んで演技するなどして話題になりましたが、これは連ドラのスペシャル版で単発の2時間ドラマ。『ドクターX』ほどの人気作が、他作品の避けてきたテーマに真正面から取り組むというのは予想外でした」

 これまで医療ドラマを含む多くのテレビドラマ作品が、コロナ禍を描くことに消極的だったのには理由がありそうだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン