ライフ

橋爪大三郎氏、手嶋龍一氏、高橋三千綱氏らが見ているYouTubeチャンネル

知識人たちはどんなYouTube番組を見ている?(写真は橋爪大三郎氏/共同通信社)

知識人たちはどんなYouTube番組を見ている?(写真は橋爪大三郎氏/共同通信社)

 自分でもよく見るYouTubeだが、人が何を見ているのかは意外に知らないもの。気になる知識人たちは、YouTubeで何を見ているのか。橋爪大三郎氏、手嶋龍一氏、森永卓郎氏、薬丸岳氏、そして「週刊ポスト」では生前最後の取材となった高橋三千綱氏に聞いた。
(※チャンネル情報は2021年8月20日時点)

【東京工業大学名誉教授 橋爪大三郎(72)】

 情報過多の時代にお勧めしたいのが『未来に残したい授業』だという。

「主婦でありライターの代麻理子さんが、猪瀬直樹さんや乙武洋匡さんらをゲストに招いて、素人目線の素朴な疑問を問いかけるという異色のチャンネルです。私も過去に出演したことがありますが、哲学、科学、政治、家庭の問題……幅広いテーマが扱われています。最近では10代の視聴者も増えているそうです」(橋爪氏)

『未来に残したい授業』

『未来に残したい授業』(YouTubeより)

『未来に残したい授業』(YouTubeより)

開設年月/2021年1月
登録者数/820人
公開動画本数/36本

 3児の母である代さんが、「貧困とは何か」「対話とは何か」といった問いをテーマに、専門家に質問を投げかけ、わかりやすい言葉で噛み砕いて解説していく。

【外交ジャーナリスト 手嶋龍一(72)】

外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏(写真/共同通信社)

外交ジャーナリスト 手嶋龍一氏(写真/共同通信社)

 元NHKワシントン支局長の手嶋氏は「テレビよりもYouTubeのほうが面白い」と話す。

「日本のテレビのクオリティが昔と比べて落ちてきているのに対して、YouTubeでやっているBBCのチャンネルなどは切り口が新しくて見る価値がある。よく観るのは、Dave Allenというイギリスのコメディアンの番組です。政治家を完膚なきまでに批判する人でね。こういう反権力側の人を起用しているところが日本のテレビとは全然違う」(手嶋氏)

『BBC News』

『BBC News』(YouTubeより)

『BBC News』(YouTubeより)

開設年月/2006年4月
登録者数/1060万人
公開動画本数/1万4278本

 日本では深く掘り下げられないような国際問題に関するニュースや映像に触れることができる。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン