国内

森喜朗氏の失言で注目された女性秘書 永田町に捧げた89年の生涯に幕

葬儀場には安倍前首相から贈られた供花も(写真提供/河村建夫事務所)

葬儀場には安倍前首相から贈られた供花も(写真提供/河村建夫事務所)

 永田町で「議員より偉い」と謳われた伝説的な大物秘書・中内節子さんが8月21日、肺炎のため逝去した。享年89。節分生まれの節子さんは、故・田中龍夫元文部大臣、後継の河村建夫元官房長官と二代、58年にわたって秘書を務めた。

 中内さんは最近、森喜朗元首相のこの発言で一躍“時の人”となった。

「河村さんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性というにはあまりにもお年だ」

 女性蔑視発言で五輪組織委会長を辞任した直後とあって世間からは猛批判を浴びたが、当の中内さんは意に介していなかった。

 中内さんが秘書人生をスタートした1963年、森元首相も岸信介側近の衆議院議員・今松治郎氏の秘書をしており、二人は秘書仲間だった。「角福戦争」と呼ばれた熾烈な政治闘争では、ともに福田赳夫陣営の同志として参戦。酸いも甘いも噛み分けた「戦友」だったのである。

 その後、田中龍夫氏が引退し、旧・山口1区で後継となった河村氏が田中氏の事務所も秘書の中内さんもそのまま引き継いだ。中内さんはすでに秘書歴30年近い大ベテランで、河村氏に対して「早く中内さんから独り立ちしないとな」と皮肉交じりにからかう人もいた。

 だが、河村氏は公設秘書の定年である65歳を超えても中内さんを私設秘書として雇い続けた。それだけ中内さんの存在が大きかったということだ。

 首相になったばかりの頃の小泉純一郎氏に「あら純ちゃん、あなた偉くなったわねえ」と声をかけ、同じ山口県選出の安倍晋三前首相については「子どもの頃、夜行列車で騒いでいたから注意したのよ」とピシャリ。大物政治家との逸話には事欠かない。

 しかし決して偉ぶらず気さくな人柄で、30年前、山口県でNHKの新米記者をしていた筆者にも親しげに話しかけてくれた。

「あなた、いい人いるの?」
「いいえ、いません」
「それなら紹介してあげるわ。素敵な方を紹介するから写真を撮らせて」

 事務所の壁際に立たされ、使い捨てカメラで写真を撮られた。ところが間もなく私に「いい人」ができて、「すみません。あのお話はなかったことに」とお詫びした。

 中内さんの葬儀は親族のみで行なわれたが、それでも安倍晋三氏からは供花が届いていた。

関連キーワード

関連記事

トピックス